日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

「頭痛薬の飲みすぎによる頭痛」に要注意

慢性頭痛の中で最も多い「緊張型頭痛」、男性に多い「群発頭痛」

 田中美香=医療ジャーナリスト

現在、日本人の4人に1人が「頭痛持ち」であるといわれます。頭痛はごくありふれた身近な病気でありながら、緊急性のある頭痛から、長く付き合っていかなければならない頭痛まで、症状も対応の仕方もさまざまです。前編の「片頭痛」に引き続き、後編は、「緊張型頭痛」「群発頭痛」、そして「薬物乱用頭痛」について、慶應義塾大学病院神経内科教授の鈴木則宏氏に聞きました。

慢性頭痛の中で最も多い「緊張型頭痛」、男性に多い「群発頭痛」

緊張型頭痛は、緊張やストレスが原因で起こるのでしょうか。片頭痛とはどう違いますか。

緊張型頭痛は締め付けられるような痛みが特徴。(©Andriy Popov -123rf)

鈴木 緊張型頭痛は片頭痛より圧倒的に多く、片頭痛のようなドクドク拍動する痛みはありません。締め付けられるような痛みが特徴です。ハチマキで頭をグーッと締め付けられる、あるいは頭に石を乗せているような感覚で、重苦しい症状です。うつ病まではいかないまでも、普段から落ち込んだ気分の人が多く、肉体的・精神的ストレスが原因となることもあります。片頭痛より治療のアプローチが難しいですが、ストレスの原因を把握し、軽減できれば緊張型頭痛の改善は早いと言えます。

 緊張性頭痛は、軽い場合はロキソプロフェン(商品名ロキソニンほか)やジクロフェナク(商品名ボルタレンほか)など、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)が効くことがあります。しかし、重症になると全く効きません。

 そのため、同じ姿勢でパソコンに向かったり、バッグを同じ側で持ったりするなどの肉体的ストレスから取り除いていきます。筋肉の緊張が高い場合は、筋弛緩薬と、ストレスを取る抗不安薬を使います。すぐに痛みが消えるわけではありませんが、肉体的なストレスを先に取り除くことによって、NSAIDsが効きやすくなります。

 厄介なのは、片頭痛と緊張型頭痛が共存する混合型で、当然ながら片頭痛だけを治療しても良くなりません。先に緊張型頭痛の原因を取り除いてからトリプタンを用います。このような判断をするのは専門医にとっても難しく、やはり頭痛ダイアリーを活用して治療します。

群発頭痛は聞き慣れない病名です。どのような頭痛なのでしょうか。

鈴木 群発頭痛は特殊な頭痛で、目の奥をアイスピックでギリギリとかき回されるような、強烈な痛みに襲われます。一度起こるとほぼ毎夜、1~1.5カ月ほど頭痛が続きますが、ある日ピタっと治ります。頭を叩くと楽になることも特徴で、こうした特徴がみられる場合は片頭痛ではありません。また、じっと安静にしたくなる片頭痛と違って、群発頭痛の人は痛みを紛らわすために動き回ります。

 群発頭痛は、片頭痛同様、痛くなり始めた時に用いるトリプタン、特に皮下注射が特効薬です。自分で注射を打つとなると躊躇する人が多いですが、群発頭痛の人は「頭の痛みに比べれば、針の痛みなんてかわいいものだ」と言い切って自己注射を選ぶ人が大半です。それだけ痛みが強烈だということでしょう。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について