日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

脚の血管が浮き出る…これって下肢静脈瘤?

下肢静脈瘤にまつわる誤解から最新治療まで

 田中美香=医療ジャーナリスト

ふくらはぎの表面の血管がボコッと盛り上がる下肢静脈瘤。その患者数は約1000万人にものぼります。重力に逆らえず脚に血液が滞るのは、人間が二足歩行で暮らし始めた宿命といえるでしょう。下肢静脈瘤は直接生死にかかわる病気ではありませんが、気になるのは見た目です。下肢静脈瘤の治療に詳しい、お茶の水血管外科クリニック院長の広川雅之氏に、治療法やケアのポイントについて話をうかがいました。

下肢静脈瘤ってどんな病気?

下肢静脈瘤は、特に若い世代にはなじみの少ない病気です。なぜ起こるのか、どのような症状が出るのか、基本的なところを教えてください。

広川  「下肢=脚、静脈=血管の名前、瘤=コブ」の通り、下肢静脈瘤の典型例は、脚の血管がコブのように浮き出る状態です。下肢静脈瘤はこのタイプを含めて4つに分けられます(下図)。

(写真提供:お茶の水血管外科クリニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 人の身体には動脈と静脈の2種類の血管があります。動脈は、手であれば指先へ、脚ならつま先へと、心臓のポンプ作用で全身に血液を送っています。一方、静脈は、動脈によって運ばれた末端の血液を心臓に戻すのがその役目です。

 ところが、手は心臓と同じ高さにあるので難なく心臓に戻りますが、脚の場合は簡単にはいきません。つま先から心臓までの約1.2メートルを、重力に逆らって血液を持ち上げなければならないからです。さらに、持ち上げた血液が脚に戻らないようにキープすることも必要です。この機能を担うのが「静脈弁」です。血液が心臓に向かう時に静脈弁は開き、その後はピタッと閉じて、血液が逆流しないように機能します。脚の静脈弁が何らかの原因で壊れると、血液が脚にたまって血管がふくれる―これが下肢静脈瘤です。

左が正常な静脈。静脈弁が心臓から足先への血液の逆流を防いでいる。右が下肢静脈瘤患者の静脈。弁が壊れて血液が逆流し、停滞してしまう。(©guniita -123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について