日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

名医が解説! 最新治療トレンド

五十肩を早く治すカギは「発症早期のリハビリ体操」

「そのうち治る」と放置するとますます動かなくなる恐れ

 田中美香=医療ジャーナリスト

高いところにある物を取ろうとする、ドライヤーで髪を乾かそうとする…そうした何気ない動作で肩に激痛が走り、腕が上がらなくなる。これは俗に「五十肩」と呼ばれる病気だ。だが、生活に支障が出る割には「年齢を重ねれば誰でも通る道」と考え、「そのうち治るだろう」と放置する人が多い。五十肩は、早く治療を始めれば回復も早い。五十肩が起こる原因や仕組み、そして長引かせないポイントについて、自治医科大学医学部特命教授の神戸克明氏に詳しく聞いた。

五十肩の始まりは、骨のトゲによってできる「傷」や「炎症」

年齢を重ねると「五十肩」を経験する人が増えますが、五十肩はどんな病気で、なぜ起こるのでしょうか。

神戸 五十肩とは、肩関節の周辺組織が炎症を起こすことにより、肩が痛み、腕を動かせる範囲(可動域)が狭くなる、この2つの条件がそろった状態をいいます。腕が上がらず髪をとかせない、背中に手が回らない、という五十肩ならではの症状は、肩関節の構造的な問題によって起こります。

 肩を触ると、肩峰(けんぽう)という骨の突起があるのが分かります(図1)。この肩峰の下側に「骨棘(こつきょく)」というトゲができることがあります。小さいと2~3mm、時には1cmもの大きさになるトゲですが、これが「腱板」という腱に当たると、こすれて痛みや炎症が起こります。これが五十肩の始まりです。

図1 五十肩の痛みの原因は?
[画像のクリックで拡大表示]

 五十肩は程度によって大きく3段階に分かれ、肩の痛みだけがある「肩関節周囲炎」から、痛みに加えて関節の動きも悪くなる「五十肩」へと進みます。そのまま放置すれば、関節を包む袋(関節包)の中にも炎症が広がり、周辺の組織が固まって癒着を起こす「拘縮肩」へと発展します(図2)。

図2 肩関節の炎症が悪化していくステップ
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について