日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

季節の病気を上手に防ぐ

ノロウイルス、どうすればうつらない? うつさない?

正しい知識で冬の嘔吐・下痢を回避しよう

 田中美香=医療ジャーナリスト

「下痢と嘔吐で寝込んだ家族の世話をしたら、自分も感染してしまった…」。冬の足音が近づくにつれ、こんな嘆きを聞く機会がぐっと増える。冬の嘔吐・下痢の多くを占めるノロウイルス感染症は、インフルエンザ同様、冬になると必ず流行する厄介な存在だ。ノロウイルス感染症を含む感染性胃腸炎全般に詳しい、豊島病院感染症内科の相楽裕子氏によれば、ノロウイルスへの対処法には意外な盲点がある上、変異したウイルスもしばしば出現するという。家族でトイレを奪い合わなくて済むよう、正しい知識をもってノロウイルスに備えよう。

ノロウイルスはなぜ冬に大流行する?

 毎年、冬になると必ずお目見えするノロウイルス。ノロウイルス感染症の代表的な症状は下痢・嘔吐で、さらに発熱を伴うこともある。その特徴は、何と言っても強い感染力だ。「通常、食中毒を引き起こす細菌の多くは10万個くらい体の中に入らないと発症しません。しかし、ノロウイルスは10個~100個という、ごく少量でも人の腸管に感染する力があります」(豊島病院感染症内科の相楽裕子氏)。このような感染力に加え、ノロウイルスは「発病させる力(症状を引き起こす力)」も強い。ウイルスが体に入った人の約半分、2人に1人の割合で症状が出るほど強い力を発揮する。

[画像のクリックで拡大表示]

 ノロウイルス感染症の患者が出始めるのは、例年10月中旬あたり。秋から冬へと移る時期だ。ノロウイルス感染症が冬に流行する理由は、低温に強いというノロウイルスの性質にある。例えば、約20度の室温では1カ月しか生きられないが、4℃という低温の状態では2カ月もの長い間生き続けるという。

 また、潜伏期間が短いこともノロウイルスの特徴の一つだ。ウイルスが体に入ってから発症するまでの時間はわずか24~48時間。これはインフルエンザとほぼ同じ速さである。

「人の手を介する感染」が多いが…

 ノロウイルスは患者の便や吐物の中に多く存在し、手などを経由して人から人への接触で感染するパターンが圧倒的に多い。トイレ、ドアノブや手すりなど、大勢の人が触れる場所に付着しながら広がっていく。そのため、ウイルスを持つ人が一人出た途端に、集団発生へ発展してしまうことがある。

 さらに、吐物や便の処理の際に舞い上がった飛沫を吸い込む「エアゾル感染」でも感染するので注意が必要だ、と相楽氏は言う。たとえば、吐物を拭き取った後、床や絨毯をきちんと消毒しないと、吐物中のウイルスが床に残って乾燥し、掃除などの際に舞い上がっていく。これを吸い込んで感染するのがエアゾル感染だ。結核のように、広い空間にただよう菌を吸い込む空気感染とは少し異なり、限られた空間で起こる感染だという。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について