日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

季節の病気を上手に防ぐ

睡眠薬って怖くない? ~悩ましい不眠への対処法~

新しいメカニズムの薬も登場、上手に使って「寝る力」を取り戻そう

  田中美香=医療ジャーナリスト

3月18日は「春の睡眠の日」。暖かい陽気に誘われて、ついつい昼間の眠気に襲われてしまう人も少なくないだろう。「悩ましい眠気・不眠」を取り上げた今回。後編は、睡眠障害の治療に詳しいスリープ&ストレスクリニック(東京都品川区)院長の林田健一氏に、不眠症治療の最新事情と睡眠薬の正しい使い方について聞いた。

 前回は、様々な「眠りの病気」を紹介した。今回は、不眠症の最新治療をご紹介しよう。

 不眠症の治療に用いる睡眠薬は、現在も進化を続けている(表1)。1970年代から使われているのは、ベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬だ。このグループの睡眠薬は、脳全体をリラックスさせて眠りをもたらすため、ふらふらするなどの副作用が起こりうる。そのため、1990年に入るとふらつきが少ない非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる睡眠薬が登場した。2010年には、体内時計をつかさどるホルモンであるメラトニンと同じように作用する、メラトニン受容体作動薬が発売された。脳の視床下部の中央にあるメラトニン受容体にアプローチし、体内時計を活性化させて睡眠リズムを整えてくれる薬だ。

 さらに2014年11月に発売されたのが、オレキシン受容体拮抗薬(一般名スボレキサント、商品名ベルソムラ)だ。「今までの睡眠薬は、睡眠系の神経を高めて“眠らせる方向に働く薬”でした。これに対し、オレキシン受容体拮抗薬は“覚醒させない方向に働く薬”。覚醒系の神経スイッチを押すオレキシン受容体を、ピンポイントで切る点が革新的な薬です。まだ発売から間もなく、世界初の薬なので、効果のほどは今後検証されていくでしょう」(林田氏)。

表1 不眠治療に用いられる主な睡眠薬
分類一般名商品名作用時間
オレキシン受容体拮抗薬スボレキサントベルソムラ
メラトニン受容体作動薬ラメルテオンロゼレム超短時間作用型
非ベンゾジアゼピン系ゾルピデムマイスリーほか
ゾピクロンアモバンほか
エスゾピクロンルネスタ
ベンゾジアゼピン系トリアゾラムハルシオンほか
エチゾラムデパスほか短時間作用型
ブロチゾラムレンドルミンほか
リルマザホンリスミーほか
ロルメタゼパムエバミール、ロラメット
ニメタゼパムエリミン中時間作用型
フルニトラゼパムサイレース、ロヒプノールほか
エスタゾラムユーロジンほか
ニトラゼパムベンザリン、ネルボンほか
クアゼパムドラールほか長時間作用型
フルラゼパムダルメート、ベノジール
「睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン」(2013年)を参考に加筆修正
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について