日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

働くオンナの保健室

止まらない咳…ぜん息、感染症、肺がんが原因?

3週間以上続く咳に要注意

 

咳は、カゼやインフルエンザにかかったときにも起こり、それ自体はよくある症状だ。しかし3週間以上長引く咳には、注意が必要。深刻な感染症や病気のサインかもしれない。まずは咳のタイプから、どんな病気が隠れている可能性があるのかチェックしてみよう。ケア法も覚えよう。

咳が出るのは体の防御反応

[画像のクリックで拡大表示]

 咳はどうして出るのだろう。「咳は、体の防御反応」というのは東京医科大学の加藤治文名誉教授。「ウイルスや細菌などの病原体、花粉やほこりといった異物が鼻・口から気道に侵入すると、粘膜表面が感知して脳の咳中枢を刺激する。そして体外に排出しようとして咳が出る。また、病原体や異物は、粘膜からの分泌液にからめとられて痰になるが、咳には痰を外に排出する役目もある」(加藤名誉教授)。

 病原体や異物が気管支や肺まで達すると、今度は気管支炎、肺炎、ぜん息などが引き起こされる。「炎症が起きた粘膜は、刺激に敏感になるため、その炎症反応として出る咳もある」(加藤名誉教授)という。

長引く咳は気管支や肺に主な原因がある

 3週間未満で治まるような咳は、さほど心配はいらない。咳とともに黄色の痰が出て、発熱、鼻水、のどの痛みなどがあれば、まずカゼだと思って間違いない。「注意が必要なのは、3週間以上も長引く咳。肺結核や肺がんなど、深刻な病気が隠れている可能性も」(加藤名誉教授)。次ページから代表的な感染症や疾患を紹介していくので、気になる咳は病院で検査を(セルフケアは最終ページで紹介)。

図1◎ 咳のセルフチェック
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について