日経グッデイ

働くオンナの保健室

止まらない咳…ぜん息、感染症、肺がんが原因?

3週間以上続く咳に要注意

 

咳は、カゼやインフルエンザにかかったときにも起こり、それ自体はよくある症状だ。しかし3週間以上長引く咳には、注意が必要。深刻な感染症や病気のサインかもしれない。まずは咳のタイプから、どんな病気が隠れている可能性があるのかチェックしてみよう。ケア法も覚えよう。

咳が出るのは体の防御反応

[画像のクリックで拡大表示]

 咳はどうして出るのだろう。「咳は、体の防御反応」というのは東京医科大学の加藤治文名誉教授。「ウイルスや細菌などの病原体、花粉やほこりといった異物が鼻・口から気道に侵入すると、粘膜表面が感知して脳の咳中枢を刺激する。そして体外に排出しようとして咳が出る。また、病原体や異物は、粘膜からの分泌液にからめとられて痰になるが、咳には痰を外に排出する役目もある」(加藤名誉教授)。

 病原体や異物が気管支や肺まで達すると、今度は気管支炎、肺炎、ぜん息などが引き起こされる。「炎症が起きた粘膜は、刺激に敏感になるため、その炎症反応として出る咳もある」(加藤名誉教授)という。

長引く咳は気管支や肺に主な原因がある

 3週間未満で治まるような咳は、さほど心配はいらない。咳とともに黄色の痰が出て、発熱、鼻水、のどの痛みなどがあれば、まずカゼだと思って間違いない。「注意が必要なのは、3週間以上も長引く咳。肺結核や肺がんなど、深刻な病気が隠れている可能性も」(加藤名誉教授)。次ページから代表的な感染症や疾患を紹介していくので、気になる咳は病院で検査を(セルフケアは最終ページで紹介)。

図1◎ 咳のセルフチェック
[画像のクリックで拡大表示]

アレルギーが原因の長引く咳

 ぜん息の主な原因はアレルギー体質。悪化因子にはハウスダスト、ペット、ストレス、妊娠、肥満などがある。

女性は誰でもハイリスク:咳ぜん息・ぜん息

 慢性的に咳が続く代表的な病気。炎症により気道は敏感になり、冷たい空気やタバコの煙など、ちょっとした刺激で発作が起きる。長引くカゼの咳と咳ぜん息は混同されやすいが、「咳ぜん息の原因はアレルギー体質。痰はほとんどなく、あっても白色で少しだけ。明け方に咳がひどくなる特徴がある」と(相模原病院病態総合研究部の谷口正実部長)。カゼのあとになかなか止まらない咳が咳ぜん息や、ぜん息に移行することもある。

 ぜん息の悪化因子は、ハウスダスト、ペット、ストレスなどがあるが、「エストロゲン(女性ホルモン)がぜん息に関与しているため、女性にとっては月経や妊娠も悪化因子」(谷口部長)。また、「最近の研究では肥満がぜんそくのリスクを高めることも明らかになっている」(谷口部長)。

図2◎ 肥満はぜん息のリスクを上げる
2000~2005年に国立病院機構相模原病院アレルギー科外来を受診した成人ぜん息患者(3767例)のうち難治性ぜん息患者を見ると体格指数(BMI)が30以上だと割合が高い。「内臓脂肪がぜん息を悪化させる炎症細胞を出していることが明らかになっている」(谷口部長)。
[画像のクリックで拡大表示]

【治療】

 「長期的な治療としては、吸入ステロイド薬で気道の炎症を抑えることが最も大切。発作が出たときは、即効性のある吸入気管支拡張薬を用いる」(谷口部長)。また、ハウスダスト、ストレスなど生活から悪化因子を取り除くことも大切。そして、「運動で内臓脂肪を減らすと症状は劇的に良くなる」(谷口部長)という。

咳ぜん息とぜん息の違い
[画像のクリックで拡大表示]

咳ぜん息
 呼吸困難は伴わない。放置するとぜん息に移行することもある。

ぜん息
 ぜいぜい、ヒューヒューなど呼吸困難を伴う。


感染症が原因の咳

 肺結核やマイコプラズマ肺炎など細菌に感染することで発症する病気は、咳のほか熱などの全身症状を伴うことが多い。

感染症で近年増加:肺結核

 昔の病気というイメージがあるかもしれないが、今でも年間2万人以上の新規患者が出ている。吸い込んだ結核菌が肺で増殖することで発症。しかし、感染しても80~90%の人は発症しない。感染後数カ月から1年ぐらいで、微熱などカゼに似た症状が出る。「咳は『コンコン』という乾いた咳から始まり、次第に痰や血痰を伴うものに変わっていく」(加藤名誉教授)。

【治療】

 「ストレプトマイシンなどの抗結核薬を中心に治療されるのが一般的だったが、近年新しい治療薬が開発された」(加藤名誉教授)。症状が強い場合は入院治療が必要。

成人もかかる感染症:マイコプラズマ肺炎

 マイコプラズマという細菌に感染することで発症。冬に流行する傾向がある。患者の8割は子供だが、最近30~40代でも急増しているという。

 「まず38℃程度の熱、だるさ、頭痛といった症状が出たあと、痰がからまない咳が出る。この咳が解熱後も3~4週間続くことが特徴。確定診断が難しく、治療が遅れるため、治るまでに時間がかかるケースも多い」(加藤名誉教授)。

【治療】

 「マクロライド系の抗生物質を服用する。咳が激しい場合は、鎮咳剤を併用」(加藤名誉教授)。軽症ですむことが多いが重症の場合は入院治療が必要。

コンコン、ヒューッと特有の咳が出る:百日咳

 百日咳菌の感染で起きる急性の呼吸器感染症。潜伏期間は5日間から最大3週間。「発熱は少なく痰の少ない激しい咳が特徴。咳き込んだ後、息を吸い込むときに『ヒューッ』と音がする咳が出ることもある。咳は3カ月ほど続く」(谷口部長)。気管支の粘膜に百日咳菌により強い炎症が起きて、咳が咳を誘発する。

 最近は大人の感染者が急増。「子供のころに打ったワクチンの免疫効果が失われていることが原因」(谷口部長)だ。大人が感染しても気づかず放置して、ワクチン未接種の子供に感染させてしまうことが問題。

【治療】

 抗生物質を服用する。5~7日で百日咳菌は死滅するが、2週間の継続服用が必要。

そのほかの病気が原因の咳

 一般的に咳が長引くのは気管支や肺などの病気。しかし、呼吸器以外の病気による咳もある。まずは呼吸器外来で診てもらおう。

タバコや環境汚染が原因の肺の生活習慣病:慢性気管支炎/COPD(慢性閉塞性肺疾患)

 慢性気管支炎は、気管支炎のうち、痰を伴う咳が1年間で3カ月以上続く状態が2年以上継続している状態。「喫煙、大気汚染などがハイリスク因子といわれている」(加藤名誉教授)。

 COPDは、この慢性気管支炎と肺気腫(血液に酸素を供給し二酸化炭素を排出する肺胞が破壊される病気)を併発している状態。乾いた咳が出るのが特徴だ。「肺胞と気管支が破壊されるため呼吸がうまくできず、ちょっと体を動かしただけでも息切れがして、日常生活に支障を来すことも」(加藤名誉教授)。

 20年以上喫煙を続けてきた人に多く発症するなど喫煙との関連が深いため、「肺の生活習慣病」ともいわれ、日本人の死亡原因の9位(2012年)である。

【治療】

 肺胞は元に戻らないため、症状を改善するための治療が主になる。「まず禁煙は必須。症状の進行度に合わせ、気管支拡張剤による治療。最近はさらに効果的な吸入薬が開発されている。在宅酸素療法、呼吸リハビリテーションなども行われる」(加藤名誉教授)。

食道への刺激で咳が出る:胃食道逆流症(GERD)

 胃食道逆流症(GERD)は、胃酸や消化途中の食べ物が食道に逆流することで胸やけや胸の痛みが生じる病気。逆流を繰り返して食道に炎症が生じると逆流性食道炎になる。

 「本来、消化器系のトラブルだが、食道にも咳中枢を刺激する受容体があるため、咳が出る。胃酸の増える食後に咳がひどくなるようなら、GERDが原因の可能性が高い」(谷口部長)。近年、30~40代の女性に急増している。

【治療】

 「胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬が非常に有効。食べ過ぎや寝る前の食事は、胃の入口で胃酸の逆流を防いでいる下部括約筋を緩めるため、GERDの一因に。寝る3時間前の食事、食べ過ぎを改善するだけで、症状が消えることもある」(谷口部長)。胃酸を増やす脂肪分の多い食事やチョコレート、喫煙、飲酒もリスク因子。肥満や過度の便秘による腹圧の上昇でも起きる。

若い人、女性も要注意:肺がん

 呼吸器の病気で最も死亡率が高い。近年、女性にも増えている。特にタバコの煙がリスクを高める。「がんのできる場所によって、中心型(肺の入口)と末梢型(肺の奥)があり、初期症状では中心型は咳が出る。コンコンという咳が数カ月続いた後、痰を伴う湿った咳になる。末梢型は自覚症状がない場合が多い」(加藤名誉教授)。

 呼吸のたびに全身の血液が肺を通過するため、肺がんは転移しやすいが、早期発見で治癒は可能。「小さいがんはレントゲンでは発見しにくい。40歳を過ぎたら、より精度の高いCT検査を定期的に受けたい」(加藤名誉教授)。

【治療】

 腺がん、扁平上皮がん、小細胞がん、大細胞がんの4つに大別される。その組織型、進行度などによって治療法も異なる。一般的には手術(開胸手術、内視鏡手術)、放射線治療、化学療法(抗がん剤治療など)。早期の中心型はPDT(レーザー療法)で治療される。末梢型は自覚症状がない場合が多い」(加藤名誉教授)。

ストレスからゴホゴホ:心因性

 ストレスなどが要因の咳も。不眠症を伴うこともある。「心因性の咳は心身が緊張状態にある昼間にひどくなる」(谷口部長)。

【治療】

 「心身のリラックスが大切なので、熟睡感を得られるだけで咳が止まることが多い」(谷口部長)。病院で入眠剤を処してもらってもいい。

ひどいゴホゴホを一時的に止めたいときのセルフケア

 長引く咳はもちろん、3週間未満で治まる咳でも、咳が止まらないとつらい。そんな時はセルフケアを心がけたい。「のどの乾燥を防ぎ、水分をたっぷりとる。痰が出やすくなり咳がラクになる。のどあめなどで潤すのもお薦め」(加藤名誉教授)。

 ただし、加湿器はぜん息やアレルギーの人はダニやカビを増やすのでやめた方がいい。

 一般的に咳は副交感神経が優位になると出やすくなる。「カフェインには気管支を広げる作用があるので緑茶や紅茶などもいい」(谷口部長)。ひどい咳は体力を消耗するので、「睡眠中に乾いた激しい咳で目が覚めてしまうようなときは、咳止め薬の服用を」(加藤名誉教授)。

 冷たい空気も咳にはNG。外出時にはマスクをして、呼気で気道を温め、乾燥を防ぎたい。

【セルフケアのポイント】

加湿をする

のどを潤すことで痰の切れがよくなり、咳がラクになる。マスクには呼気による加湿効果がある。部屋には加湿器を。

のどあめをなめる

咳・痰に効果的な成分が配合されているのどあめがおすすめ。「医薬品」として薬局などで販売されている。

カフェインをとる

副交感神経が優位になったときに咳が出る。カフェインで交感神経にスイッチをいれるのも手。気管支を広げる作用もある。

(取材・文:海老根祐子/イラスト:いいあい、三弓素青)

(出典:日経ヘルス2014年1月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)