日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

働くオンナの保健室

歯周病は磨いて治す

歯が抜ける、早産リスクを上げる、生活習慣病も!

 

歯茎が熱っぽい、触るとブヨブヨするなどの違和感はない?それは歯周病の始まりかも。歯周病は放っておくと妊娠トラブルや生活習慣病の悪化にもつながる。しかし初期なら「ホームケア」で自分で治せる。歯茎に違和感を覚えたら、まずは歯科医院を受診し、チェックとセルフケアの指導を受けよう。

口臭が強くなったと感じたら対策を!

 歯磨き後に洗口液などで口をすすぐと、一時的に口臭を軽くする効果がある。ただし、歯周病が原因の口臭は、歯周病を治すことが一番の解決策。

図1◎ 3つ当てはまれば要注意! 歯周病チェック
歯周病チェックリスト
[画像のクリックで拡大表示]

口だけの問題じゃなかった歯周病は全身トラブルの原因にも!

口臭…歯周ポケット内で増殖した菌が原因の1つ。歯周ポケットが深くなり、膿が出るまでになると口臭はますますひどくなる。

骨粗しょう症…骨粗しょう症で骨密度が低下すると、歯を支える骨の破壊も進み、歯周病の進行が早くなる。

糖尿病や脳梗塞(こうそく)…歯周病が重症になると血糖コントロールが悪くなる、動脈硬化を進めて脳梗塞が起こりやすくなるなど生活習慣病との関連が深い。歯周病が改善すると血糖コントロールが好転するとの報告も。

妊娠トラブル…歯周病の炎症によって出る物質が陣痛を促す物質の分泌を誘発し、早産リスクが高まる。

歯周病の炎症によって出る物質が子宮収縮のスイッチを入れ早産に
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について