日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

働くオンナの保健室

ニキビをつぶさないと気がすまない、これって病気?

皮膚むしり・抜毛ぐせは行動パターンの見直しできれいに

 

ストレス緩和や退屈しのぎを目的に肌をかきむしったり、髪の毛を抜いたりしていないだろうか。これらの行為が習慣化してやめられなくなっているなら「皮膚むしり症」あるいは「抜毛(ばつもう)症」かもしれない。この2つは「グルーミング障害」と呼ばれ、同時に持っている人が少なくない。放置すると症状がエスカレートしやすいので早めに対処しよう。

【ストレスや欲求不満が背景に】
肌や髪へのこだわりが引き金、うつ病や不安症を伴うケースも

むしり行為は62%が行っているが 「皮膚むしり症」といえるのは5%
18〜84歳の男女354人に、むしり行為の頻度やうつ・ 不安の程度を調査。結果、62%が皮膚むしりを行ってい たが、医学的に問題とされるレベルは全体の5%だっ た。(データ:J Anxiety Disord;23,314-319,2009)
[画像のクリックで拡大表示]


 「皮膚むしり症」は肌の状態に過剰にこだわり、爪でかきむしったり、爪の甘皮をかんでむいたり、ピンセットや針などでむしったり刺したりする行為をやめられない“行動の病気”だ。頭髪や眉毛などを、薄毛になったり、はげたりするまで繰り返し抜く「抜毛(ばつもう)症」も同じタイプで、これらは欧米で「グルーミング障害」と呼ばれる。どちらも女性に多いことで知られ、皮膚むしり症の人の38%が抜毛症でもあると報告されている。

 思春期に始まり成人後も続いている場合と、30~40代で新たに始まる場合がある。

 ニキビやかさぶたをいじってしまうことは誰にでもある。「医学的に問題になるのは、その行為のために苦痛や、生活上の支障が出ているかどうかが決め手」と兵庫医科大学病院精神科神経科の松永寿人主任教授は話す。

 例えば、仕事中もむしりたくて仕方がない、1日何時間も皮膚むしりや抜毛に費やす、むしったあとのキズや毛の喪失のせいで、人目が気になり、外出を避けている、といった状態になっているなら早めにケアしたほうがいい。「繰り返し行為は概してエスカレートしやすい」(松永主任教授)からだ。

◆こんな症状があれば「皮膚むしり症」「抜毛症」の可能性が
皮膚むしりや抜毛をやめたいのにやめられず、仕事が妨げられるなどの支障が出ていれば「皮膚むしり症」「抜毛症」の可能性が高い。時にニキビやポツポツをいじることがあったとしても、やる・やらないを自分でコントロールできているなら医学的には問題ない。
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について