日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

医療・予防

働くオンナの保健室

大人の歯列矯正、目立たず痛みの少ない治療が可能に

むし歯や歯周病のリスクを下げ、自信もプラス!

 日経ヘルス

歯並びとかみ合わせを整える歯列矯正は口元や顔立ちをスッキリさせるだけでなく、食べる、話すといった口の機能と歯の保存性も高める。近年は大人の矯正に対する関心の高まりとともに、矯正装置の選択肢が増加。目立たず痛みの少ない治療が可能になってきた。

【矯正治療のメリット】
歯並びと口元の見た目を整えるとともに
歯の健康維持や発音の改善にも効果

 歯列矯正は歯並びが前後、上下、左右いずれかでかみ合わない状態か、もしくはあごと歯の大きさがアンバランスであることにより引き起こされた「不正咬合」を治療する手段だ。

 矯正装置を介して個々の歯に力を加え、歯を根元から前方や後方に動かしたり、歯軸をひねって向きを変えたり、歯を引き出したり、圧し下げたりして歯並びとかみ合わせを整える。

 子どものための治療と思われがちだが、何歳でも受けることができる。実際、「矯正治療を受ける大人はここ数年増えている」と昭和大学歯科病院の槇宏太郎病院長は話す。大人の場合、あごの成長は期待できないので「その人が持っている条件の中で、最も良いと考えられる"個性正常咬合"を達成することが治療目標になる」と名古屋矯正歯科診療所の佐奈正敏院長は話す。



叢生(そうせい)がある人は4割
厚生労働省の平成23年歯科疾患実態調査によると、16~20歳では叢生(乱ぐい歯、八重歯)が約4割にあった。また、前歯の突出が6㎜以上の上顎前突が12%にあった。

叢生の割合
上顎の前歯の水平方向の突出の割合(マイナスは下顎の突出)
不正咬合の種類

前後のバランスのくずれ

上顎前突(じょうがくぜんとつ)出っ歯下顎前突(がかくぜんとつ)受け口

上の前歯が突出した上顎前突と下の前歯が出た下顎前突がある。上下の歯で麺類などをかみ切れず、発音にも影響する。舌で歯を押す癖や下唇をかむ癖が誘因になる。

上下のバランスのくずれ

開咬過蓋咬合(かがいこうごう)

奥歯をかむと前歯に隙間ができる開咬と、上の歯が下の歯に深く被さる過蓋咬合がある。特に開咬は前歯でかめない、隙間に舌が入って悪化するなどの問題がある。

左右のバランスのくずれ

交叉咬合(こうしゃこうごう)鋏状咬合(はさみじょうこうごう)

下の歯の一部が上の歯の外側にずれた状態を交叉咬合、下の奥歯が上の奥歯の内側に入った状態を鋏状咬合という。奥歯でしっかりかめないので早めに治療したい。

スペースのアンバランス

叢生(そうせい)乱ぐい歯、八重歯空隙歯列(くうげきしれつ)すきっ歯

歯の並ぶスペースが狭いために歯が重なって生えた状態を叢生、スペースが余って隙間ができた状態を空隙歯列という。空隙歯列は舌で歯を押す癖が背景にある人も。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について