日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 働くオンナの保健室  > たまって苦しいお腹のガス、原因は空気の飲み込みやストレス、冷え  > 4ページ
印刷

働くオンナの保健室

たまって苦しいお腹のガス、原因は空気の飲み込みやストレス、冷え

すぐに役立つ「ガス抜き対策法」も紹介

 

【メディカルケア】つらい人には漢方薬や抗不安薬も有効

 セルフケアを試しても、まだつらい人は我慢せず、治療を受けよう。「お腹のガスは漢方が得意とする症状。タイプに合わせ、主に4つの漢方薬がよく用いられる。いずれも胃腸の弱い人に向く」と三浦医師。

 下痢が多く、冷え傾向があってガスがたまる人には、「桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)」が効果的。同じく冷え傾向はあるが、便秘がちでお腹が張る人には「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」を。また冷えが強く、腸が張ってモコモコ動くように感じる人には「大建中湯(だいけんちゅうとう)」が効く。「冷えたお腹を温めて、腸の動きをよくしてくれる」と三浦医師。ベースに冷えがある人は、漢方をのむと同時に、おへそのあたりを温めたり、マッサージしたりするのもお薦めという。

 食後に胃がもたれて、お腹が張る人に向くのは「平胃散(へいいさん)」だ。「腸の膨満と勘違いしている人がいるが、食後のお腹の張りは胃が下がるために起こる。胃の消化不良が原因」と三浦医師。

“ガス腹”に効く主な漢方薬
  • 下痢や腹痛がある人に「桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)」

     比較的体力が低下して、腹部膨満感や腹痛、下痢がある人に。下痢は“しぶり腹”のことが多く、何度も便意を催すが、排便量は多くない。便秘が軽度の場合に用いることも。

  • 頑固な便秘や腹痛のある人に「桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)」

     桂枝加芍薬湯に下剤効果のある大黄を加えたもの。比較的体力が低下して、腹部膨満感や腸内の停滞感、腹痛、常習的な便秘のある人に向いている。

  • お腹が冷えて腸の動きが低下した人に「大建中湯(だいけんちゅうとう)」

     体力が低下してお腹や手足が冷え、痛みや腹部の膨満感、腸が動く感じのある人に適する。体を温めることで、冷えによって低下した腸の動きを改善させる。

  • 食後、胃もたれがある人に「平胃散(へいいさん)」

     漢方の代表的な胃腸薬。体力中程度で、胃がもたれて消化不良の人、特に食後の胃もたれと腹部膨満感の強い人に向く。胃の働きをよくして、消化を改善する。

 一方、空気を多く飲み込んだり、IBSで腹痛や便通異常を繰り返したりする場合は、ストレス対処が重要。「不安感が強い人には呼吸法などの指導に加え、抗不安薬を処方することも」と福土教授。最近は依存性の心配が少ない「タンドスピロン」(商品名セディールなど)という、神経に作用するセロトニン系の薬を用いることが多いそう。また不安になることを避けるのではなく、あえてそれにさらされることで積極的に状況に慣れていく「曝露(ばくろ)療法」という精神療法も効果的だという。

腸はストレスを感じやすい臓器
腸と脳は密接にかかわっている
ストレスを受けると脳からCRHが放出され、腸が過敏になる。同時に腸壁でもアレルギー反応に似た現象が起こり、腸がますます過敏になるという。“第二の脳”とも呼ばれる腸は、ストレスの影響をまともに受ける。
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレスがあるとお腹が痛くなる、お腹が敏感だと不安感も増す…。脳と腸の関係は非常に密接だ。「例えばIBSでは、ストレスが引き金になって腹痛や便通異常が発症したり、悪化したりする。つまり、腸の症状であると同時に、ストレス関連病でもある。まさに脳腸相関の病気」と福土教授は話す。

 右図はその関係を簡単に示したもの。ストレスを感じると脳からCRHというホルモンが放出され、神経を介して腸に作用。すると腸の動きが過敏になり、腹痛や便通異常が起こりやすくなる。そして、その情報は情動を司る脳の扁桃体などに伝わり、不安や抑うつを生む…。「腸はとても感じやすい臓器。その“内臓感覚”が脳に伝わって、不安などの情動が生じる。実際、IBSでは不安障害やうつ病の発症率が高いこともわかっている」(福土教授)。

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.