日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

働くオンナの保健室

帯状疱疹は飲み薬できれいに治せる

急な痛み、赤いブツブツ…「発疹が出て3日以内に受診」が決め手

 

痛い! 赤い発疹も出てきた…。疲労やストレスで免疫力が低下した体を容赦なく襲う病気、それが「帯状疱疹」だ。女性に多く、3人に1人がかかるといわれている。つらい痛みから解放され、跡を残さず治すには、素早い治療が鉄則だ。

【免疫力の低下が引き金】
眠っていた水ぼうそうウイルスが突如、暴れ出す



 胸やお腹の片側が急にピリピリと激しく痛みだし、4、5日するとそこに赤い発疹がポツポツ…。こんな症状があれば、「帯状疱疹」の可能性が大だ。80歳までに3人に1人がかかるといわれる身近な病気で、女性に多い。「7、8割の人は最初に痛みが出て、後で発疹が現れる。ただし、50代未満の人では痛みよりも先に発疹が出て、虫刺されと勘違いすることもある」と、まりこの皮フ科の本田まりこ院長は話す。

 症状は基本的に体の片側だけに出る。起こりやすい部位は、胸部や腹部を筆頭に顔、首、腰と続く。ちなみに四谷怪談の“お岩さん”の顔は、帯状疱疹によるものといわれる。

 原因は子供のころに感染した水ぼうそうウイルス(ヘルペスウイルス)疲労やストレスなどで免疫力が低下すると、それまで体の奥で眠っていたウイルスが突如暴れ出す。どの年代でも発症するが、特に免疫力が下がる50歳以降に急増する。

◆こんな症状があれば帯状疱疹かも
代表的な症状は、赤いで示した体の片側だけに生じる痛みと赤い発疹。まず痛みが生じ、数日後に発疹が出ることが多い。痛みと発疹はほぼ同じ場所に出現する。発疹が出て初めて、この病気と気づく人が多い。
[画像のクリックで拡大表示]
◆帯状疱疹は50歳以降に急増する
全国190医療機関(有効回答は170機関)を対象に、ある1日の患者数、年齢などを調べた。帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛の場合、50代以降に患者数が急増する。高齢になるにつれて免疫力が低下するのが理由。(データ:日本皮膚科学会「本邦における皮膚科受診者の多施設横断四季別全国調査(2007)」)
[画像のクリックで拡大表示]

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について