日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

管理職返上も… 極端な「あがり症」は病気?

「社交不安障害」の可能性も

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法を分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 子どもの頃から「あがり症」のオレ。小学校時代の学芸会では、自分から「岩」の役に立候補したほど。大学を卒業後は、メーカーの品質管理部門に勤務。精度の高い作業をコツコツとこなす仕事ぶりが評価され、「室長」に昇進したのだが、そこで困った事態に。毎朝、現場作業員を集めて「朝礼」をしたり、社内の関係者を集めて報告会を行ったりと、人前で話をする機会が急増。あの「あがり症」が日々顔を出すように…。品質情報を伝えるだけなのに、心臓がドキドキして額からは汗がだらだら流れるほど。吐き気さえ感じることもある。今や管理職返上という言葉が頭をよぎる…。
(イラスト:川崎タカオ)

 知らない人の前で話をするのは、誰でも不安を感じ緊張するものだ。就職活動の面接などで、「話したいことの半分も話せなかった」という人は多いだろう。このように不安が強くなりがちな状態は「あがり症」「対人恐怖症」などと呼ばれる。思春期に、少なからずみられる傾向の一つで、大人になるにつれて改善することが多いとされている。完全に改善しなくても、日常生活に支障がなければ、いわゆる「シャイ」な人ということになる。

 しかし、大人になって悪化したり、不安がどんどん強くなり日常業務に支障を来すようになってきたら、一度、精神神経科や心療内科で相談してみてほしい。「社交不安障害」という病気の可能性もあるからだ。

 社交不安障害といっても、聞き覚えのない人がほとんどだと思うが、新たに登場した病気ではない。杏林大学病院精神神経科の古賀良彦教授は「かつては、あがり症を患者のパーソナリティーの問題と考え、積極的な薬物治療などは行われなかった。しかし最近は、海外での臨床研究によって有効な薬物治療が明らかになったことで、この病気に対する認識が変わった」と話す。

 そして欧米での呼び名「Social Anxiety Disorder」が日本にも登場。最初は直訳で「“社会”不安障害」と呼んでいたが、日本では「社会不安」という言葉には別の意味があるので、2008年に日本精神神経学会によって「社交不安障害」に名称変更された。

 古賀教授は「これまでの研究で、社交不安障害には、いくつかのタイプがあることが分かってきた」と話す。例えば、人とコミュニケーションするときに症状が出る場合は、「全般型」と呼ばれる。最も多いのは、「見知らぬ人や、それほど親しくない人との会話」「人前での発言、スピーチ」のときに起こる下表のような症状だ。なかには「人前で電話を取る」といったときに症状が出る場合もある。

「全般型」の社交不安障害の症状
■顔が紅くほてる■胸がドキドキして息苦しい
■額などに汗をかく■手足、体、声が震える
■吐き気が起こり、口が渇く■めまいがする
日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について