日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

ここぞ!というときに限って起こる激しい腹痛と下痢を改善したい

仕事のストレスが原因で起こることも

 荒川直樹=科学ライター

   「男は下痢、女は便秘」なんていうけど、学生の頃から下痢しやすかったオレ。彼女とのデートで巨大観覧車に乗ったはいいけど、途中から便意と腹痛が襲い、記念写真に写っている顔はゾンビのよう…。結婚してから下痢することは少なくなっていたのに、春に課長に昇進してから復活してきた。最近では、無茶な売上目標を押し付けられて得意先とのトラブルで悩んだときとか、重要な会議の前などにはトイレに駆け込むようになって…。先日は、パンツを少し汚したので、コンビニで履き替えて帰宅すると、妻は「あなた、パンツ脱ぐお仕事も大変ね」と完全に浮気を疑っている。この厄介な下痢、何とかしたい。

 職場で「しばらく出ていないんだ」と便秘談義に花を咲かせる女性陣を横目に、下腹をさすりながら青い顔でトイレに駆け込む営業男子。10分後には支店長会議でプレゼンをする予定なのに間に合うのか…。

下痢と便秘は紙一重

 このようにお腹に弱点を抱えている男性が多いのはなぜなのだろう。慶応義塾大学医学部内科学(消化器)の鈴木秀和准教授は「消化器疾患の患者数などを調べた疫学調査では、やはり下痢は男性に起こりやすく、便秘は女性に多いことが分かっている」と話す。女性は性ホルモンの影響で腸の働きが弱くなり、下痢より便秘に傾くためと考える専門家もいるが、詳しいことはまだ分かっていないという。

 しかも、下痢になるか便秘になるかは、実は大腸の機能のちょっとした差にすぎないともいえる。鈴木准教授は「便の中の水分の多くは、大腸で吸収されるが、その働きが少し変化しただけで、下痢になったり便秘になったりする」と話す。例えば、理想的とされるバナナ状の便の水分量は70~80%だが、これがほんの数%から10%増えれば「下痢便」の状態になる。

 例えば、毎晩ビールなどを飲む男性に多いのは「泥状便」というもの。便が緩いだけで、腹痛などはない。こうした男性は、そもそも夜間に摂取する水分量が多すぎるうえに、アルコールによる軽度の腸の機能障害も合わさって、「腸がむくんで,水びたしの状態」といえる。酒飲みに多い症状だが、体の危険信号の一つと考えよう。泥状便が毎日続くようなら、酒の量を減らすなど、自分の体質に合った飲み方に改めた方がいい。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について