日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

夜の度重なるオシッコで寝不足、仕事効率はダウン

50代の過半数が悩む夜間頻尿の解決法とは?

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 建設会社勤務の53歳。昼間はバンバン働き、酒はガンガン飲み、夜はコンコン(昏々)と眠るのがオレの流儀…だった。しかし、50歳を過ぎる頃から夜のオシッコで起きるようになった。今ではひと晩に2回、3回のときもある。さすがに朝の5時頃に起きると「寝直し」できない。睡眠不足が続いて、昼間に部下の前であくびをかいてしまったこともある。また、妻も一緒に目覚めてしまい、うっとうしく感じているらしい。最近「熟年離婚って、日常のつまらないことが原因なんだってよー」なんて嫌みを言い出した。オレだって好きで夜中にオシッコしてるわけじゃないぞ。でも、少なくとも夜1回にする方法はないだろうか。
(イラスト:川崎タカオ)

 夜、オシッコで1回以上起きてしまう夜間頻尿は、実は多くの中高年が訴えるお悩みだ。日本で夜間頻尿の人がどれぐらいいるかを年齢・性別ごとに調査したところ、50代の男女では60%以上の人が夜1回以上トイレに起きていることが分かった。

50代以降の過半数の人に夜間頻尿がみられる
[画像のクリックで拡大表示]
年齢別、性別に夜間の排尿回数を調べた。(日本排尿機能会誌 14(2):266、2003)

 日本大学板橋病院泌尿器科の高橋悟主任教授は「夜間頻尿は加齢現象の一つ。しかし、夜起きる回数が2回、3回と増えると睡眠が質・量ともに悪化し、昼間の眠気などを訴えるようになるほか、夜間頻尿自体に強いストレスを感じるようになる」と話す。

夜間頻尿の原因は「膀胱容量の減少」「夜間多尿」「睡眠障害」

 夜間頻尿の原因は、「膀胱容量の減少」(膀胱に少ししか尿がたまってなくても尿意を感じる)、「夜間多尿」(さまざまな原因で夜間に作られる尿の量が増える)、「睡眠障害」(睡眠が浅くなったときに尿意を感じる)に分けられる。頻尿の症状が夜間だけであるなら夜間多尿であるケースが多く、その場合は生活改善によって症状が治まることがある。一方、昼も夜も頻尿の症状があるなら、前立腺肥大や過活動膀胱など泌尿器科の病気が疑われるため、医療機関で受診するべきだ。

 また、睡眠障害による場合は夜間の尿量は正常だが、眠りが浅いために就寝中に尿意を感じてしまう。この場合も、規則正しく起床するなどの生活改善によって、症状が治まることがある。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について