日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

いつ受診すべき? 悩ましきED治療デビュー

まだ大丈夫! でも不安。なにより男のプライドが…

 荒川直樹=科学ライター

  妻によると「技術点」はいまひとつのようで、「元気」だけが自慢だった夜のオレ。ところが最近、持続力の低下が著しい。メールの着信音が鳴っただけでシュンとなることも。最新のED治療について相談したいが、看護師さんの前でパンツ脱ぐことになるかもと思うとためらってしまう。EDの診断で行われることを詳しく教えてほしい。かつてのパワーを取り戻し、「歳なんだから演技構成点で頑張れば」と見下す妻を見返したい。
(イラスト:川崎タカオ)

 年齢とともに「いつかは自然に訪れる」症状。それが「勃起力の低下」だ。ED改善薬を使った治療法があることは何となく知っているが、なかなか認めたくない。それが「オトコのプライド」に関わっているからだ。そして、「仕事が忙しく、ストレスがたまっているから」「最初はちゃんと硬くなるし、フィニッシュできる」「妻も淡白だから」「もう子供は2人いるし」などといって、問題を先送りしがちだ。

 それに対して順天堂大学医学部附属・順天堂医院泌尿器外科の堀江重郎教授は、「EDとは、陰茎を勃起させる海綿体へ血液を送り込む機能が低下した状態。いわば血管の病気」と話す。勃起に関わる血管は細いので、40代前半以降になると動脈硬化などのサインとして症状が現れ始める。性病のように、ちょっと後ろめたい気持ちを感じる必要もないし、若さの喪失を示すわけでもない。堀江教授は「医師のアドバイスと治療を受けることで、生活の質全体を高めることにもつながる」と話す。

 では、どんな状態の時に「もしかしたら自分もEDかも」と疑い、病院のドアを叩けばいいのだろうか。例えば、中高年になれば誰にでも生じるのが、セックスの最中に勃起度が低下してしまう「中折れ」が起こるものの、最終的には満足して終えることができるという状況。最初から最後までフルスロットルだった若い頃を考えると、なんだか寂しくなってしまうが、こんな程度でも相談に乗ってくれるのだろうか。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について