日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

目標は美女とマラソン!…も、ひざに痛み。解消法を教えて

「ランナー膝」と中高年ランナーの「ひざ痛」の大きな違い

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

食品企業の営業職43歳。独身。大学時代にはラグビーでウィングを務めるなど「屈強かつ俊敏なボディ」には自信がある。酒の席では「今でもトライアスロンなんて軽いね」が口癖だ。そんなオレに声をかけてきたのが社長室の美人秘書。「私、来年の“熊猫マラソン”に出ようと思っているんです。よかったら一緒に走りませんか?」だって。オレの下心は爆発寸前。早速、格好いいシューズとウエアを購入。毎週、日曜日に公園で合同トレーニングを始めたが、彼女の走りは予想以上に速い。しかも、3週目からひざにズキズキとして痛みが出始めた。それを笑顔で隠し続けているのは、男のメンツじゃない。ただ、彼女と一緒にいたいの…(涙)。ひざの痛みを解消し、楽しく走り続けるにはどうしたらいい?
(イラスト:川崎タカオ)

 秋は、スポーツを始めるには最適の季節だ。ただ「メタボ対策」など、中高年になって始めたスポーツについ夢中になってしまい、その結果、「ひざ痛」などスポーツ障害を訴える人が増えるのもこの季節だ。

運動経験がある「自信過剰派」ほどトラブル深刻

 スポーツトレーナーとして体育大学の学生や市民ランナーの治療を行っている「あっぷる鍼灸接骨院」(横浜市青葉区)の秋山聡志院長は、「私の接骨院があるこの地域では横浜マラソンが3月に開催されるため、秋になって本格的な走り込みを始める方が多い。その影響で10~11月はひざ痛で受診する人が増える」と話す。

 ただ、ひとことで「ひざ痛」といっても、大学や実業団のチームで本格的な基礎トレーニングを行っているランナーと一般の人の「ひざ痛」とでは、痛みの原因となる膝関節の状態が異なることが多いという。

 特に「若いころから運動で鍛えているからランニングぐらい大丈夫」と自信過剰の人ほど深刻なひざのトラブルに陥りやすいと秋山院長は指摘する。走る前にしっかり確認しておきたいことは「膝の負担の少ない正しい走りができているか」「膝関節を守る筋肉がついているか」「ランニングレベルに合ったシューズを履いているか」の3点だ。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について