日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 男性が悩むオシッコ「ちょび漏れ」の対策法とは?
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

男性が悩むオシッコ「ちょび漏れ」の対策法とは?

冷たい…、恥ずかしい…、クリーニング代もバカにならない!

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

  会議前に慌ててトイレに行ったとき。「いちもつ」が縮こまるほど寒いとき。トイレを出た瞬間、股間に広がるジワッと冷たい感触。慌ててズボンを見ると太もものあたりに点々とシミ出ている。同僚や若い女子社員に見つからないように、会議資料などで股間を隠しながら歩く…。年齢に関係なく、男なら誰でも経験したことのあるオシッコの「ちょび漏れ」。なんで起こるのだろう。どうしたら防げるのだろう。
(イラスト:川崎タカオ)

 なぜ「ちょび漏れ」が起こるのか。日本大学板橋病院泌尿器科の高橋悟主任教授は「男の泌尿器の構造を見ると、その理由がよく分かる」と解説する。まず体内で尿を溜める役割を果たしているのが膀胱(ぼうこう)だ。膀胱内に尿がたくさん溜まると、脳に「オシッコがしたい」と信号が伝わる。トイレに行って排尿の準備が整うと、膀胱が収縮すると同時に尿道括約筋(にょうどうかつやくきん)が緩んでオシッコが放出されるというわけだ。

「トイレに行った直後」が圧倒的多数

 では尿道括約筋が「ちょび漏れ」の原因なのか。たしかに、加齢によって尿道括約筋など膀胱を支える筋肉の働きなどが弱ってくると、ちょっとした刺激によって軽度の尿失禁、いわゆる尿漏れが起こることがある。中高年女性では「せきやくしゃみをしたとき」「重いものを持ったとき」などに尿漏れが起こるし、男性でも年齢が進むとこのタイプの尿漏れは多くなる。しかし、「ちょび漏れ」のメカニズムはちょっと異なる。中高年だけでなく20代でも起こるし、起こるきっかけは動作などとは関係がなく「トイレに行った直後」が圧倒的だ。

 尿道括約筋がきちんと機能しても、男性の尿路は女性と比べて長いので、尿路にオシッコが残りやすい。それが排尿後に漏れてくる。「そのため、専門家は尿失禁とは呼ばず『排尿後の尿滴下』と呼ぶ」と高橋主任教授は話す。女性の尿漏れと比較して、量も1回小さじ1杯(5cc)程度と少ないが、それでも薄いグレーのスーツなどを着ているときは、シミがはっきりと目立ってしまう。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.