日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

暑い夏にビールを飲み過ぎ、肝臓の検査値が悪いけど大丈夫?

アルコール摂取と肥満化のダブルパンチ、適量はγ-GTPとALTから判断を

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

精密機械メーカーに勤務の41歳。人生の半分近く、酒を友として生きてきた。今年の夏も友人たちとたくさんビールを飲んだが、飲んでみっともなく酔っ払うこともなく、飲んだ翌朝も爽やかだ。自分でも「いい酒を飲んでいる」と思っている。しかし、先日受けた特定健診の後、健診医から告げられたのは「肝機能の悪化を示す数値が少し高くなっている。少し酒量を減らしたら」ということ。結果を奥さんに見せると、我が意を得たりとばかり「晩酌は缶ビール1本まで、週2日は休肝日」だって。冗談じゃない。人生の楽しみの半分を奪われるようなもんだ。でも…、自分でも酒量に自信がなくなってきた。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれる。人間にとって非常に重要な臓器であるがゆえに、かなりの余力をもっており、少しぐらいのダメージでは音を上げない。肝臓病の専門家である自治医科大学医学部(消化器内科)の浅部伸一さんは「肝機能の検査結果が危険水域であっても、本人はまったく自覚していないことも多い」と話す。そんな肝臓の性質が、酒の飲み過ぎによる健康被害につながっている。

 では、どれぐらい飲んだら飲み過ぎになるのか。健康作りに関する一般的な指針(健康日本21[第2次]「生活習慣病のリスクを高める飲酒」など)では、1日平均の純アルコール換算で約40g(ビール中瓶2本分)以上飲む人を減らすことをターゲットとし、健康的な飲酒とはその半量だという。酒好きには物足りない量だ。

 しかし、守れないからといって、好きなだけ飲むというのはいただけない。お酒は、「自分の健康を守りながら楽しく飲む」(浅部さん)ことが大切だ。そして、そのために知っておきたいのが、自分自身の適量だ。実は、アルコール摂取の適量は個人差が大きい。浅部さんは、「もって生まれた体質や健康診断の結果などを考慮して、自分にとっての適量を見つけ出すことが大切だ」と話す。

まずは自分の遺伝的素因を知ろう

 酒が飲める、飲めないは、かなりの部分が生まれつきの体質で決まっている。アルコールを飲むと胃や小腸で吸収され肝臓に運ばれる。肝臓では、まず「1型アルコール脱水素酵素」などの働きにより、アセトアルデヒドという物質が生成される。アセトアルデヒドは、主に「2型アルデヒド脱水素酵素」によって酢酸へと変わり、やがて水と炭酸ガスに分解され排出される。こうした酵素の働き方は遺伝的に決まっており、それが酒に強い(飲める)、弱い(飲めない)の違いを生み出している。

 例えば、日本人の1割は、アセトアルデヒドを分解する酵素が働かない(非活性型)体質で、いわゆる「下戸」だ。まったくお酒が飲めないタイプで、すぐ顔が赤くなり、気持ちが悪くなってしまう。浅部さんは「こうした人は酒を飲まないので、アルコールによって肝臓を悪くすることはむしろ少ない」と話す。このタイプの場合は、決して無理に飲まないことが大切だ。

 反対に、日本人の4割を占めるのは「いける口」の人。アルコールやアセトアルデヒドを代謝する能力が高く、酒を飲んでも赤くならない。ついつい酒量が増えがちだ。こうした人は「オレは肝臓が丈夫だから」と豪語するが、肝臓の能力には限界がある。例えば、医学的には、1日に日本酒換算で5合の酒を10年以上飲み続けている人のことを「大酒家」と呼んでいるが、これぐらい飲むと、ほとんどの人でアルコールによる深刻な肝臓障害がみられるからご用心だ。

 もちろん、これより少ない酒量で肝臓を悪くする場合もある。また、アルコール依存症になる可能性があるのも、このタイプの人だ。いくら飲めても、延々と飲み続けるような飲み方をしてはいけない。

 そして、日本人の約半数が「中間タイプ」で、飲んで赤くなるが、ある程度は飲める。飲み続けることで少しは酒に強くなるので、いわゆる「鍛えて飲めるようになったタイプ」とも言える。飲み過ぎれば「いける口」の人と比較して肝臓障害のリスクが高いと考えられるほか、体内のアセトアルデヒド濃度も高めなので消化器がんなど、がんリスクを高めることも知られている。アルコール依存症のリスクもある。できるだけ過剰な飲酒は避けたいが、「このタイプの人が、どれぐらい飲んだらダメなのか、科学的なデータは少ない」と浅部さんは話す。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について