日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

「こわい顔」「気むずかしい顔」をフレンドリーにしたい

眉間のしわを最新のボトックス治療で解消する

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 新入社員や異動でやってきた部下などで、新年度のオフィスはてんてこ舞い。課長のオレとしては、ニューカマーに早く水に慣れてもらいたく、優し~く振る舞っているつもりなのだが、なかなかなじんでもらえない。隣の課長には、軽口を叩く余裕もある彼らだが、なぜかオレの前では「金縛り」状態。どうしてなのか「お局さま」に聞いてみると「顔が怖いのよ」とつれない。確かに、視力が良くないせいか、顔をしかめるクセがあり、眉間には大きなシワができてしまう…。それで「気難しい」人間に見えるらしい。妻の意見は「頼りがいのある顔だけど、フレンドリーじゃないわね」だ。「男の顔は履歴書である」という名言はあるが、少しだけ優しい印象を持たれたい。
(イラスト:川崎タカオ)

 かつて日本には「頑固じじい」がいっぱいいた。眼光鋭く、額には深いしわが刻まれ、口を「への字」に曲げながらオレたちをいつも怒鳴りつけていた。

 そんな怖ろしい「頑固じじい」でも、時折違った表情を見せることもあった。初めて誕生した孫が、かわいらしい仕草をしたときなど、緊張した表情が和らぎ、しっかり結んでいた口もとが緩んでくる。そんな顔を見て「へえ」と思ったものだ。

 このように人間は、顔に豊かな感情が現れる動物だ。そして、その表情を作り出している筋肉が「表情筋」である。顔面、頭部、首の一部にある皮膚を動かす筋肉で眼のまぶたを動かしたり、食事のときに口を動かしたりする役割も担っている。

 毎日、人々のコミュニケーションに重要な役割を果たしている表情筋だが、あまり酷使し続けると、やがてあの「頑固じじい」のように、顔の印象が大きく変わっていくこともある。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について