日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 男盛りの57歳、時間のかかるオシッコを何とかしたい…
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

男盛りの57歳、時間のかかるオシッコを何とかしたい…

30秒以上かかるなら前立腺にかかわる病気を疑う

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 朝の通勤時、ターミナル駅のトイレは大混雑。若い頃は、オシッコに時間がかかる人が前にいるとイライラしたものだが、57歳になった今じゃ、逆に後ろで誰かに待たれると焦ってしまう。オシッコの出だしから終わるまで時間がかかるようになった。思えば、オシッコの出方に勢いがなくなった気もする。仕事や日常生活に支障を来すわけじゃないが、頭に浮かぶのは「もしかして…、膀胱(ぼうこう)の近くにある前立腺に異常があるのかも」という不安だ。どれぐらいの自覚症状になったら泌尿器科を受診したらいいのかを知りたい。
(イラスト:川崎タカオ)

 小川のほとりに並び、「誰がいちばん遠くに届くか競争!」「ずるいよ、ボクは家でオシッコしてきちゃったもん」。男なら、子供時代に一度は経験したことのある遊び。あのときのような放物線を描き、勢いよく飛び出すオシッコはどこへ行ってしまったのだろう…。

 男は50歳を過ぎる頃から、さまざまな「オシッコ問題」を抱えるようになる。症状は、尿の出が悪くなる「排尿症状」、尿を溜めることに問題のある「蓄尿症状」、排尿後に起こる「排尿後症状」に分けられるが、軽度のものを含めると、多くの中高年が思い当たるはずだ。

こんなオシッコのトラブルに思い当たりはない?
排尿症状□尿が出にくい
□尿の勢いが弱い
□排尿するとき、お腹に力をこめる
蓄尿症状□尿が近い
□夜間、排尿のために起きる
□尿がもれる
排尿後症状□排尿後に膀胱(ぼうこう)に尿が残った感じがある
□排尿後に下着を付けると少量の尿が漏れる
(日本泌尿器科学会ホームページを参考に作成)

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.