日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

冬は気分が暗く沈みがち…、これって気のせい?

日照短縮の影響もある冬季うつ、食事や料理で改善することも

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 工作機械メーカーに勤務する34歳。毎年、冬になるとオレはクマになる。といっても仕事をパワフルにこなすスーパーベアーではなく、冬眠状態のクマだ。朝は、なかなか布団から出られず、いつも遅刻ギリギリで出社。昼間の眠気が強い上、何ごともおっくうで仕事がはかどらない。凡ミスも多く上司に叱られることもしばしばだ。そんな自分が惨めになり、気持は落ち込むばかりだが、なぜか体重はアップ。夏になれば、気力も体力も戻ってくるのは分かっているのだが、1年のうち何カ月もダメ人間でいるのはつらい。冬の間の気力をアップする方法を教えて。
(イラスト:川崎タカオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレスマネジメント、ハラスメント対策、うつ病を発症した社員の対応など、いま企業はメンタルヘルス対策に追われている。長年、企業の健康管理室のカウンセラーを務めてきたメンタルアップマネージャの大野萌子さんは、こうしたメンタルヘルスの対応件数には季節の波があるという。

 まず、年度始まりの4月は人事異動、転勤、家族の進学など、いくつかのライフイベントが重なる季節。多忙を極めるなか解消されないストレスが溜まってゴールデンウィーク頃になると、気分の落ち込みなどメンタルの不調を訴える社員が増えてくる。いわゆる5月病だ。

 その後、夏から秋にかけては、健康管理室も比較的平穏に推移するが、「11月以降になって増えてくるのが、体のだるさ、眠気、集中力の低下、うつ傾向などの訴え」(大野さん)だという。うつ病の悪化による「緊急対応」が必要になるケースも出てくる。

 大野さんは、「このように冬にビジネスマンの精神的な不調が増える原因の一つに、実は“冬季うつ”という心の不調がある」と話す。

日照時間が短くなると表れる冬季うつ

 冬季うつとはどのような不調なのか。クマが冬になると冬眠するように、生き物の多くは季節の動きに合わせて生きている。この季節変動をもたらすのは、主に日照時間の長短。夏は太陽が出ている時間が長く、冬は短い。人間はこうした季節変動に影響されにくい生き物だが、影響を受けやすい人もいることが分かってきた。

 この「季節に敏感な人」に見られる精神症状の一つが冬季うつなのだ。広い意味でのうつ病と考えられ、季節性気分障害などと診断されることもある。「気分の落ち込み」に加え、「何事もおっくうで仕事がはかどらない」「人に会うのが面倒」といった、症状が表れるのが特徴だ。また、うつ病では通常、食欲が低下するのに対して、冬季うつでは食欲が高まる。特に炭水化物を食べたがり、結果として体重が増えることが多い。

 大野さんは「冬の間、日が昇る前に出勤し、日没後に帰宅するビジネスマンも少なくない。外の景色が見える窓のないオフィスも多い。冬季うつの素因を持つ人(季節に敏感な人)が、このような太陽の光をほとんど浴びない環境で過ごすことで、精神的な不調を来している可能性がある」と指摘する。

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について