日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

頭を清潔にしても解消しない頑固なフケ、どうすればいい?

定石通りの対策法が通用しない複雑怪奇なケースも

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

 大学3年のとき、親しくなり始めた女友達と就活セミナーに参加。黒のリクルートスーツ姿を彼女に披露したのだが、視線を合わせてくれない。どうしたのかと思っていると、彼女はオレの肩を指さした。恋の終わり。惨めだった。以前から「フケが多いかも」と思っていたが、黒いスーツは雪が降ったかのよう…。以来、色々なシャンプーや薬用育毛剤を試したけど効果なし。40歳を超えた現在では、持っているスーツはグレーが大半。冬場にダークスーツを着るときは、白いマフラーが欠かせない始末…。誰か、フケを少なくする方法を教えて!
(イラスト:川崎タカオ)

 フケには色々なタイプがある。粉雪のような細かいフケもあれば、日焼けした肌がはがれたような大きなフケもある。乾いたフケもあれば、脂っぽいものもある。毎日風呂に入りシャンプーしているにもかかわらず、フケがあるだけで「だらしない」「不潔」な印象になってしまうから困りものだ。

 フケが多い人のことを「フケ症」などと呼ぶこともあるが、頑固なフケは「体質」として諦めなければならないのだろうか。髪をかき上げただけで白いフケがバラパラ舞うような「強者」の治療に日々対応している菊池皮膚科医院(東京都荒川区)の菊池新院長は、「フケは、いわば頭皮の肌荒れ。顔や手足の肌荒れにさまざまな原因があるように、フケ対策の第一歩も原因をつきとめることから始める必要がある」と話す。

 頭皮の肌荒れとはどういうことなのか。

 体の部位にかかわらず、皮膚の細胞は皮下組織で作られ、約4週間で自然に表面から剥がれ落ちる「ターンオーバー」(新陳代謝)を繰り返している。健康な皮膚では、要らなくなった表皮の細胞は入浴時など気がつかないうちに少しずつはがれ落ちている。しかし、皮膚が乾燥していたり炎症が起きていたりすると、目に見えるくらい大きな塊としてはがれる。これが頭皮で起きれば「フケ」となるわけだ。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について