日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 誰にも言えない…オトコのお悩み相談室  > 軽視できない頑固な鼻詰まり、副鼻腔炎の恐れも
印刷

誰にも言えない…オトコのお悩み相談室

軽視できない頑固な鼻詰まり、副鼻腔炎の恐れも

市販薬の使い過ぎによる症状の悪化に要注意

 荒川直樹=科学ライター

まだまだ男盛りの中高年に容赦なく襲いかかる体の悩み。医者に相談する勇気も出ずに、1人でもんもんと悩む人も多いことだろう。そんな人に言えない男のお悩みの数々を著名な医師に尋ね、その原因と対処法をコミカルで分かりやすく解き明かす。楽しく学んで、若かりし日の輝いていた自分を取り戻そう。

建設機器メーカーに勤務する32歳。20代の頃は「ジャニーズ系」と呼ばれたほど、容姿には自信がある。鏡を見れば「鼻筋が通ったいい男」なのだが、最近はこの鼻がオレの弱点だ。もともと季節ごとに鼻水が出やすい体質だったが、がんこな鼻詰まりに悩まされている。ひどくなると常に息苦しく、取引先との打ち合わせで、キリッと口を閉じていると「酸欠」で死にそうになる。市販の点鼻薬を使っているのだが、すぐに効果がなくなってしまった。夜の「いびき」もひどいらしく、彼女からは「お泊まりは嫌!宣言」を出される始末。睡眠不足のせいか、頭が重いことが多く仕事のミスも増えたような…。この鼻詰まりを何とかしたい。
[画像のクリックで拡大表示]
(イラスト:川崎タカオ)

 鼻の穴の奥には、鼻腔(びくう)という空間が広がっている。鼻腔は粘膜で覆われ、吸い込んだ空気から異物を取り除くとともに、適度な湿度と温度を加えて呼吸器に送り込む働きをしている。

 何らかの原因により、鼻腔の粘膜が腫れ、空気の通りが悪くなった状態が「鼻詰まり」。鼻がつまったとき、多くの人が頼りにするのが市販の点鼻薬だが、使い過ぎには要注意だ。順天堂大学医学部付属順天堂医院耳鼻咽喉科の池田勝久教授は、「市販の点鼻薬には、粘膜の血管を収縮させ、一時的に腫れを引かせる成分が含まれている。しかし、すぐに耐性ができて効果が得にくくなるほか、リバウンドによってより強い鼻詰まりをもたらすこともある」と話す。順天堂医院を受診した患者のなかには、3日間の使用でリバウンドによる鼻詰まりを起こした例もあるという。

 このため、鼻詰まりで悩むようになったら、まずは耳鼻咽喉科を受診して、鼻詰まりの原因を明らかにし、正しい治療を受けるのが大切だ。「鼻腔は、呼吸器、循環器とも密接に関係しており、鼻詰まりを放置していると呼吸器や循環器に重大な不調をもたらすこともある」(池田教授)というから、軽く見てはいけない。

頑固な鼻詰まりをもたらす主な病気
鼻炎アレルギー性鼻炎・季節性(花粉症などが原因)
・通年性(ハウスダストなどが原因)
非アレルギー性鼻炎・ウイルス、細菌、空気汚染、薬物、寒冷などが原因
副鼻腔炎慢性副鼻腔炎・蓄膿(ちくのう)症、好中球性副鼻腔炎とも呼ぶ(細菌感染あり)
好酸球性副鼻腔炎・ぜんそくから発症しやすい(細菌感染なし)

その鼻水、鼻詰まり本当にアレルギー?

 鼻水、鼻詰まりの原因となる病気といえば、まず思い浮かべるのは花粉症などのアレルギー性鼻炎だ。花粉症は季節性で、ハウスダストなどが原因の場合は通年性のアレルギー性鼻炎と呼ばれる。

 最近は、新しいタイプの抗ヒスタミン剤など、眠気などの副作用が少ない、優れた治療薬がある。鼻詰まりに対してはステロイド鼻噴霧薬などを上手に併用することで効果が得られている。それでもなかなか治らないという人は非アレルギー性鼻炎の可能性もあるという。

 これは鼻粘膜がウイルス、細菌、空気汚染、薬物、寒冷などによって刺激を受け、炎症を起こしたもので、喫煙習慣や妊娠、加齢が関係している場合もあるという。内科などで鼻炎の飲み薬を処方されていても、なかなか鼻水、鼻詰まりが解消されないという場合は、一度、耳鼻咽喉科の専門医を受診し、原因に合った治療を受けたほうがよい。

 なかには鼻腔の左右を隔てている鼻中隔(びちゅうかく)という壁が曲がって、空気の通りが悪くなっている鼻中隔弯曲症(わんきょくしょう)という病気が潜んでいる場合もある。池田教授は「一般の人では軽度の鼻中隔弯曲症で鼻詰まりがひどくなることは少ないが、副鼻腔炎(ふくびくうえん)など他の鼻の病気の原因となることもあるので、常に気圧の変化にさらされるパイロットなどは早めの手術を希望することもある」と話す。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.