日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

おとなのカラダゼミナール

動きっぱなしの心臓…時々休憩してるってホント?

呼吸に合わせて心拍のペースを落とす「呼吸性不整脈」の不思議

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

心臓は生まれてから死ぬまで、休みなく動き続けている?(©fffranz-123RF)

 生まれてから死ぬまで、生涯止まることなく動き続ける、心臓。人の一生で、およそ20億回も脈打つといわれている。ドクドクと伝わる鼓動は、私たちが生きている何よりの証拠だ。

 心臓は、心筋という筋肉でできている。ここで素朴な疑問。休みなしに脈打ち続けて、心臓は疲れないのだろうか? もし心拍と同じペースでスクワットをしたら、足の筋肉はすぐに悲鳴を上げてしまうだろう。

 「いい質問ですね。実は心臓は、かなり頻繁に休みを取っています」

 こんなふうに話し始めたのは、名古屋市立大学教授で、ストレス科学が専門の早野順一郎さん。ほぅ、心臓は休んでいると?

 「ええ。うまく休める心臓ほど健康なのですよ」

息を吐くとき、心拍のペースは遅くなる

 ヒトの安静時の心拍数は、だいたい1分間に60~70回(個人差も大きい)。平均すれば、1秒に1拍するぐらいのペースになる。

 「でも厳密に測定すると、0.9秒から1.1秒ぐらいの間で揺らいでいます。特に睡眠中は、大幅に揺らぎます。拍動の間隔が伸びて拍動ペースが落ちたときが、心臓の休憩タイムです」(早野さん)

 この現象は「呼吸性不整脈」と呼ばれる。不整脈などというと「病気なの?」と心配になるかもしれないが、これは正常な現象。むしろ健康な人ほど、大きく揺らぐ傾向がある。

 ポイントは「呼吸性」という部分。心臓は、呼吸に合わせて心拍を変化させているのだ。

 「心拍のペースは、息を吸うとき少し速くなり、吐くときは遅くなります。つまり、吐くときに休んでいるわけです」と早野さん。

 なるほど。大人の安静時呼吸数は1分間に12~20回ほど。つまり、それぐらいの頻度で心臓は休みをとっているわけか。確かに、かなり頻繁だ。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について