日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > 皮膚の傷跡が残る場合と消える場合、何が違う?
印刷

おとなのカラダゼミナール

皮膚の傷跡が残る場合と消える場合、何が違う?

皮膚には傷をきれいに消すための限界ラインがあった

 伊藤和弘=フリーランスライター

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

皮膚の表面にできた浅い傷ならきれいに治る。(©roblan-123RF)

 生き物が機械と決定的に違うのは、外部からの衝撃でどこかが壊れたとき、放っておいても自然に治ること。ちぎれた手足がトカゲの尻尾のように生えてくることはないが、ちょっとやそっとのケガなら自然に治ってしまう。考えてみればスゴイことだ。

 ケガややけどをしたとき、多くの人が気にするのは傷跡の問題だろう。同じ傷なのに、跡が残るものと、きれいに消えるものがあるのはどうしてなのか?

 「傷の治り方には2種類あるんですよ」と、埼玉医科大学病院院長補佐で形成外科教授の市岡滋氏は話し始めた。

跡が残るのは「真皮」深くまで達した傷

 「皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていますが、傷がどこまで達したかによって治り方が変わります。例えば日焼けのように、やけどでも表皮しかダメージを受けない場合はきれいに元通りに治り、これを“再生”といいます。ところが真皮の半ば以上まで達した深い傷は、再生できずに跡が残ってしまう。この治り方が“修復”。切創(切り傷)でも熱傷(やけど)でも同じことです」

傷がどこまで達したかによって治り方が変わる
[画像のクリックで拡大表示]
皮膚は外側から表皮(茶色の部分)、真皮(肌色の部分)、皮下組織(黄色の部分)の3層構造になっている。表皮しかダメージを受けない場合はきれいに元通りに治るが、真皮の半ば以上(青い点線)まで達した深い傷は、再生できずに跡が残ってしまう。(図提供:市岡教授)

 転んでヒザを擦りむいたくらいではめったに跡は残らないが、同じ擦り傷でもバイクの事故などでできた大きな傷は跡が残る。これも真皮深くまで傷が達したため。要するに、傷の種類やできた原因ではなく、あくまで深さが問題になるわけだ。

 正常皮膚の再生が可能なのは、真皮の中に達した深い傷でも、「毛穴」が残っているレベルまで。毛穴の中には表皮の細胞が入り込んでいるので、傷ができた真皮のなかに毛穴が残っていれば、表皮の細胞が真皮の上に出てきて正常皮膚を増殖できる。しかし毛穴が失われるレベルの深い傷になると、真皮の上に表皮細胞がない状態になってしまうために、正常皮膚の増殖ができない状態になってしまう。つまり、傷ついても真皮と表皮が接している状態が残されていれば、傷跡はきれいに治るわけだ。

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.