日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

おとなのカラダゼミナール

我慢したおならはどこへ行く?

より「大型」のものを誘発する恐れも

 日経Gooday編集部

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

 「ここで出すわけにはいかない…」と、おならをぐっと我慢した経験は誰にでもあるだろう。首尾よく消えてくれたことに安堵しつつも、こう思ったことはないだろうか。「我慢したおならは一体どこへ消えたのか―」。

 その行方を探るため、編集部は広島大学病院感染症科教授の大毛宏喜氏のもとへ向かった。大毛氏は「おなら博士」の異名を持つ、その道のエキスパートだ。「単純におならと言いますが、その中身は飲み込んだ空気や体内で作られたものなど、様々な種類のガスが混ざっています」(大毛氏)。そして、その成分により、排出前のおならが蓄えられている腸管から消えるものと消えないものがあるという。

おならは何からできている?

 おならの成分で最も多いのは、空気中に含まれる窒素。これに、酸素、二酸化炭素、水素、硫化水素などが加わる。私たちが吸った空気は気管を通って肺に行くが、飲み食いを通じて胃にも空気が入り込む。「例えば水を10cc飲むと、胃に約18ccもの空気が入る」(大毛氏)という。その一部はゲップとして口から出るが、余ったものは腸に移行して、おならとして排出される。

食事からおならが出るまでの道のり

 そのおならを我慢して出さないとどうなるか。まず、窒素は体内で利用されることがなく、腸管からも吸収されない。このため、腸の中に滞留することになる。一方で、酸素は腸内の細菌によって消費されたりして減っていく。

 おならの成分は酸素のように、腸管内で消えていくものが多い。二酸化炭素は、胃の消化液である胃酸が十二指腸ではたらく消化液の膵液で中和された結果、大量に発生する。また大腸でも作られるが、すぐに吸収されて消えてしまう。水素は大腸で腸内細菌の働きによって発生するが、これも腸管で吸収される。

 ところが、おならの悪臭の最大の原因である硫化水素は、「おならを我慢しても、その濃度が下がるわけではない」と大毛氏は語る。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について