日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

おとなのカラダゼミナール

お腹がよく鳴るのは健康? 不健康?

胃と腸には自動的に伸び縮みして中身を掃除する働きがあった!

 佐田節子=ライター

食事の4~7時間後にお腹は鳴る

 では、なぜあんな音が鳴るのだろう。“グーッ”“グルグル”“キューッ”など、いろいろなバリエーションがある。

 「空腹期収縮が起こると、胃の中にある食べものの残りカスや水分、空気などが激しく撹拌(かくはん)されて、音が生じる。胃のどの部分がどう動くか、中に空気がどのくらいたまっているかなどによって、“音色”は違ってきます。胃の中の状態によっては、空腹期収縮が起こってもグーという音が聞こえないこともあります」と坂井さん。

 なお、小腸でも空腹期収縮のときには、グーとかキュルキュルといった音が生じているが、胃の“大音響”に比べると格段に小さいと考えられる。

 空腹期収縮は、一般に食事をしてから約7時間後に出現すると言われているが、坂井さんらが行った動物実験では、約4時間後に空腹期収縮と同様の強い収縮が確認されたという。

 「食事をすると、胃は『食後期収縮』と呼ばれるモゴモゴとした動きを繰り返して、食べものを消化します。消化が進んで胃が空になると、食後期収縮に連続して、キューッと強い収縮が胃に起こる。これを空腹期収縮と呼ぶかどうかは議論の余地がありますが、収縮の強さはまさに空腹期収縮と同じ。もちろん、お腹もグーと鳴ります。例えば、朝食を7時半にとると、昼前の11時半くらいにはもうお腹が鳴って困るということも珍しくない。食事をした後の消化管の掃除は、もしかしたら従来言われているよりも早く始まるのではないか、と考えています」(坂井さん)

モチリンの分泌が高まるとお腹がグーと鳴る
[画像のクリックで拡大表示]
胃や腸の動きを調節するモチリンというホルモンの血中濃度がピークに達すると、胃が強く収縮し、お腹がグーと鳴る。この「空腹期収縮」は、90~120分間隔で起こる。坂井さんらの研究では、食物を消化する「食後期収縮」の後にも強い収縮が起こることがわかった。(イメージ図:坂井さん提供)
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について