日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > おとなのカラダゼミナール  > おしっこの色はなぜ黄色いの?
印刷

おとなのカラダゼミナール

おしっこの色はなぜ黄色いの?

色、頻度、臭い、泡立ちから健康状態が分かる

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

(©Maurizio De Mattei-123RF)

 トイレに駆け込み、締めていた筋肉の緊張をふーっと緩める。無事に放出できたときのえも言われぬ解放感は、誰でも経験したことがあるだろう。

 えっ、どっちの話をしているのかって?

 失礼。今回取り上げるのは「おしっこ」の方です。

 ただ、今回のテーマである「色」に限っていうと、おしっことうんちの話は、実は途中まで全く同じストーリー。尿の黄色と便の茶褐色は、「同じ素材」が出発点なのである。

 その素材とは、血液。正確にいうと、赤血球に含まれる赤いタンパク質「ヘモグロビン」だ。それが、おしっことうんちを色付けるまでの長い道のりを、たどってみよう。

脾臓から肝臓へ、さらに腸の中を通って…

 ヘモグロビンは、肺で酸素と結合し、全身へ届ける重要なたんぱく質。血液が赤く見えるのは、ヘモグロビンの色だ。

 「赤血球の寿命は120日ほど。寿命を迎えた赤血球は脾臓(ひぞう)で分解されますが、そのときにヘモグロビンも一緒に壊されます」。こう話すのは、日本医科大学名誉教授で、腎臓病学が専門の飯野靖彦さん。今回は、飯野さんに、おしっこの色に関する探究のナビゲーターをお願いしよう。

 ヘモグロビンには、赤い色素の「ヘム」分子が含まれる。これは反応性が非常に高い分子で(だから酸素と結合しやすいわけだが)、放っておくとすぐに周りの分子と化学反応を起こす。そのままでは細胞を傷つける恐れがあるので、確実に解体する必要がある。

 そのため、ヘモグロビンから切り離されたヘムは、体の中をあちこち移動しながら、何段階ものプロセスを経て徹底的に壊される。その過程で、色も変化するわけだ。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.