日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

おとなのカラダゼミナール

おしっこの色はなぜ黄色いの?

色、頻度、臭い、泡立ちから健康状態が分かる

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

(©Maurizio De Mattei-123RF)

 トイレに駆け込み、締めていた筋肉の緊張をふーっと緩める。無事に放出できたときのえも言われぬ解放感は、誰でも経験したことがあるだろう。

 えっ、どっちの話をしているのかって?

 失礼。今回取り上げるのは「おしっこ」の方です。

 ただ、今回のテーマである「色」に限っていうと、おしっことうんちの話は、実は途中まで全く同じストーリー。尿の黄色と便の茶褐色は、「同じ素材」が出発点なのである。

 その素材とは、血液。正確にいうと、赤血球に含まれる赤いタンパク質「ヘモグロビン」だ。それが、おしっことうんちを色付けるまでの長い道のりを、たどってみよう。

脾臓から肝臓へ、さらに腸の中を通って…

 ヘモグロビンは、肺で酸素と結合し、全身へ届ける重要なたんぱく質。血液が赤く見えるのは、ヘモグロビンの色だ。

 「赤血球の寿命は120日ほど。寿命を迎えた赤血球は脾臓(ひぞう)で分解されますが、そのときにヘモグロビンも一緒に壊されます」。こう話すのは、日本医科大学名誉教授で、腎臓病学が専門の飯野靖彦さん。今回は、飯野さんに、おしっこの色に関する探究のナビゲーターをお願いしよう。

 ヘモグロビンには、赤い色素の「ヘム」分子が含まれる。これは反応性が非常に高い分子で(だから酸素と結合しやすいわけだが)、放っておくとすぐに周りの分子と化学反応を起こす。そのままでは細胞を傷つける恐れがあるので、確実に解体する必要がある。

 そのため、ヘモグロビンから切り離されたヘムは、体の中をあちこち移動しながら、何段階ものプロセスを経て徹底的に壊される。その過程で、色も変化するわけだ。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について