日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

おとなのカラダゼミナール

ラーメンを食べると鼻水が出るのはなぜ?

熱くても寒くても、辛くても出る鼻水の不思議に迫る

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

 寒い日が続くこの時期。ラーメンやうどん、鍋など、温かい食べ物が恋しい季節だ。ところで、こういった熱々のものを食べると、鼻水がズルズル出てくる人がけっこういる。ラーメン屋のテーブルによく箱ティッシュが置いてあるのも、この現象がかなり普遍的であることの1つの証といえるだろう。

 なぜラーメンで鼻水が出るのだろう。JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科部長の石井正則氏は、主に2つの理由があると話す。

熱い湯気の刺激から粘膜を守る防御反応

 「1つ目は、熱い湯気を鼻水の気化熱で冷まそうとするラジエーター作用。熱さの刺激を和らげようとする反射的な反応です」

 体には、体内の環境をできるだけ一定に保とうとする働きがある。外気が暑くなったときに、汗をかいて体温を下げようとするのは、代表的な体温維持のメカニズムだ。同様に、鼻の中で「熱い!」という刺激を感じたときは、鼻水を出して熱を冷まそうとするのだ。

熱い湯気が体内に入るのを鼻水が防ぐ
[画像のクリックで拡大表示]
鼻の中で「熱い!」という刺激を感じたときは、鼻水を出して熱を冷まそうとする。

 そうか。熱さを感じた鼻粘膜が、汗をかいているようなものか。

 「逆に、寒い日に急に野外に出て冷気にさらされた場合には、冷たい刺激に反応して鼻水が出ます。いずれも、急激な温度変化を和らげ、粘膜を守っているのです」

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について