日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

飲み会が多い人のための睡眠改善法、事前に予防の一杯と仮眠を

午後の商談前には“攻めの眠り”、夕方以降は眠気を我慢

 伊藤和弘=フリーランスライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

接待などの酒席が多いと、アルコールの摂取によって睡眠の質が悪くなり、帰宅時間が遅くなることで睡眠時間も少なくなりがちだ。(c)PaylessImages-123RF

飲み会前の野菜ジュースがその日の睡眠に効く

 営業部など接待をすることが多い職種の人は、どうしても酒席が多くなりがち。アルコールは睡眠の質を悪くするし、帰宅時間が遅くなることで睡眠時間も少なくなってしまう。そこで今回は、DeNAや吉野家など多くの企業で睡眠のコンサルタントを行っているニューロスペースの小林孝徳社長に、「飲み会が多い」ビジネスパーソンの睡眠改善法を教えてもらった。

 お酒を飲むと眠くなることから誤解している人も多いが、アルコールは快眠にはつながらない。大量に飲むと寝つきは良くなるが、交感神経が働き睡眠が浅くなったり、利尿作用で夜中に目が覚めやすくなってしまう。実際、酒を飲む機会の多い人が睡眠の質の低下に悩むケースは多いという。

 「基本は深酒をしないこと」と小林さんは話し始めた。加えて注意したいのは、お酒を飲む前の下準備だ。特に、多くの人がやっている「すきっ腹にビール」がいけないと、小林さんはいう。これが、その晩の睡眠の質に影響するそうだ。

 「空っぽの胃にビールを流し込むと、アルコールの作用が強く働きやすくなります。その前に野菜ジュースやミネラルウォーターを飲んでおくと、アルコールの吸収をゆるやかにできます。私はトマトジュースを愛飲していますが、水を飲んでおくだけでも、睡眠への悪影響を少なくしてくれるでしょう」(小林さん)

飲み会が多い人の睡眠改善に向けた注意点
深酒をしない
空っぽの胃にお酒を入れない
シメのラーメンなど、夜遅くまで食事をしない
飲み会の後、帰宅中の電車などで眠らないようにする

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について