日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

睡眠の質を決めるのは、枕の「高さ」と布団の中の「温度」

スッキリ疲れが取れる「枕」「敷き布団」「掛け布団」選びのポイント

 伊藤和弘=フリーランスライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

一日の疲れを取り、翌日もバリバリ仕事をするためには、自分の体に合った「寝具」選びも大切になってくる。(©PaylessImages-123RF)

 一日の疲れを取り、翌日もバリバリ仕事をするためには、何よりもぐっすり眠ることが大事。そのためには「寝具」選びも大切になってくる。たとえ短い時間であっても、ソファでうたた寝するより、きちんとベッドに入って眠ったほうが疲れが取れる。それは多くの人が経験していることだろう。

 「寝具の基本は、枕、敷き布団、掛け布団の3点。それぞれの役割を備えた寝具を“正しく選ぶ”ことが、いい眠りを取るための条件です」と、東京西川日本睡眠科学研究所課長の志村洋二さんは話し始めた。

枕は「頭を乗せるもの」ではない

 自分に合った枕を選ぶというのは意外に難しく、「枕が変わると眠れない」という言葉もあるように、睡眠の質に大きく影響している。よく眠れないという人は、枕を見直してみるのもひとつの方法だ。

 枕についての一番の誤解は「単に頭を支えるものだと思っていること。枕は頭だけではなく、首も支えるものなんです」と志村さんは指摘する。

 つまり、頭だけ乗せて首を浮かせるのは間違い。肩まで枕に触れるようにして、頭と首をしっかり枕の上に乗せる。そのためには、ある程度の大きさが必要だ。実際、最近の枕は大型化が進んでいるという。

 形状は「真ん中がくぼんだドーナツ型がいい」と志村さん。そのくぼんだ部分に後頭部をはめ込むイメージだ。中央がくぼんでいると、首から後頭部にかけて枕がフィットしやすい。

枕の最適な高さの測り方
壁や柱に肩甲骨をつけて、少しあごを引いて後頭部はつけない。その姿勢で、後頭部のでっぱり(A)、首のくぼみ(B)が、それぞれ壁や柱から何センチ離れているかを測り、枕のサイズ選びの目安にするといい。
[画像のクリックで拡大表示]

 硬さも気になるが、枕で最も大切なのは高さ。最近は後頭部と首のカーブを測り、それぞれの人に合わせて作るオーダーメイドの枕も人気がある。市販の枕を選ぶ場合も、自分に合った高さを知っていると選びやすい。「壁や柱に肩甲骨をつけて、少しあごを引いて後頭部はつけない。その姿勢で、後頭部のでっぱり、首のくぼみが、それぞれ壁や柱から何センチ離れているかを測り、目安にするといいでしょう」と志村さんはアドバイスする。

 数値は人それぞれだが、大まかには首の部分が5~9㎝、後頭部が2~6㎝程度だ。

 素材はそばがらやパイプなど硬いものから、わたや羽毛など柔らかいものまである。基本的には好みで選べばいいが、柔らかい枕は沈み方が大きくなる場合もあるので、実際に試してからの購入がお勧めだ。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について