日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

からだケア

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

春の眠気対策、夕方から夜にやるべき“睡眠儀式”とは?

夕方にネクタイを緩めて、体をリラックスモードに

 佐田節子=ライター

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

 春の陽気に誘われて、ついウトウト…。この季節はやけに眠い、とぼやいている人も多いのではないか。それにしても、春はなぜ眠いのだろうか。

 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック「RESM新横浜」院長の白濱龍太郎さんは、春は睡眠不足を招く要因が重なりやすいと説明する。

春に眠くなる理由

 「日照時間が長くなって日の出が早くなり、冬ならまだ暗くて目覚めないような時刻に目が覚めることもある。また、新年度になって職場や上司の変化などにより、何かとストレスも多い。その結果、寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなったりして睡眠不足になりやすいのです」

 そもそも、睡眠時間は冬より夏の方が短くなる傾向がある。夏は夜が短く、朝早くから明るくなるため、どうしても目覚めが早くなりがちなのだ。日照時間がどんどん長くなる春は、このように睡眠が冬モードから夏モードへと切り替わる移行期間。加えて、仕事や人間関係などの変化が睡眠不足に拍車をかける。こうして「春は眠い…」となるわけだ。

 しかし、春特有の眠気を差し引いてもまだ眠い、という人も多いだろう。仕事にプライベートにと忙しい毎日の中で、慢性的な睡眠不足に陥っているビジネスパーソンは非常に多いと、白濱さんは指摘する。

 「日本人の睡眠時間はどんどん短くなっている。厚生労働省の『国民健康・栄養調査』によると、例えば20~50代男性の場合、1日の平均睡眠時間が6時間にも満たない人が4割前後を占めています。これでは睡眠不足になるのも無理はありません」

 調査では、働き盛り世代の睡眠時間の短さが浮き彫りになっている。男性では6時間未満の人が20代39%、30代41%、40代42%、50代38%という状況(グラフ)。女性の場合は、20代35%、30代37%、40代47%、50代43%で、特に40、50代は男性以上に深刻だ。仕事と家庭の両立で、眠る時間を削らざるを得ない状況が推察される。

日本人の1日の平均睡眠時間
[画像のクリックで拡大表示]
1日の平均睡眠時間が6時間に満たない人は、男女ともに3人に1人以上。男性の場合、30、40代では4割を超える。女性の場合は、50代が4割強、40代では実に半数近くに上る。(出典:厚生労働省2011年「国民健康・栄養調査」)
疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について