日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル  > 睡眠不足でたまる脳内物質が記憶力減退の正体だった
睡眠時間が長く、就寝時刻が早い生徒ほど成績がいい
米国で120人の高校生を対象に、「睡眠時間と成績の関係」を調べた研究の結果。睡眠時間が7時間半くらいと長く、就寝する時刻が10時半ごろと早い生徒ほど成績が良かった。(Child Dev. 1998 Aug;69(4):875-87)

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.