日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

ダイエットにいいのはどっち?

睡眠の“ゴールデンタイム”を効果的にするコツ

オトナにも嬉しい成長ホルモンの機能を最大限にする3つの条件とは?

 古谷暢基=健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー

ダイエットの方法、考え方には諸説ありますが、この連載では、健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサーであり、日本ダイエット健康協会代表理事として『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)などの著書もある古谷暢基さんに、ダイエットに関する最新の考え方、ノウハウを紹介していただきます。

 世の中の女性が大好きな“ビューティーのゴールデンタイム”。よく言われるのが、「午後10時~午前1時の間に、お肌の修正を行って代謝を上げる成長ホルモンが分泌されるので、それまでに床についていないといけない!」というものですね。

 しかし、お仕事・家事・子育てと、フル回転で活躍し、忙しく頑張っている女性たちの何割が、この時間に寝ることができるのでしょう? あるいは頑張って床に入っても、間違った知識で、ゴールデンタイムでも成長ホルモンがほとんど出ないケースもあるのでは? …ということで、今回は成長ホルモンの本当のところを勉強します。

 ゴールデンタイムに眠れなくても、バッチリと成長ホルモンを活躍させるノウハウなど、忙しい皆様にとって耳より情報です!

 まずは次の問題についてお考えください。

【問題】どちらのOLさんの方がキレイになれる?
(A)21:00まで残業があったが、急いで帰宅してさっとご飯を済まし、23:00までに頑張って床についた。
(B)21:00まで残業があったが、帰宅してからご飯を食べ、お風呂に入ってゆっくり映画をみて、1:00過ぎに床についた。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について