日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

ダイエットにいいのはどっち?

皮下脂肪と内臓脂肪、分解されやすいのはどっち?

脂肪の特徴を理解してこそ、ダイエットを成功に導く

 古谷暢基=健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー

ダイエットの方法、考え方には諸説ありますが、この連載では、健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサーであり、日本ダイエット健康協会代表理事として『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)などの著書もある古谷暢基さんに、ダイエットに関する最新の考え方、ノウハウを紹介していただきます。

 前回の記事「やせて見えても体脂肪率30%は『かくれ肥満』」で勉強した肥満の基準となる体脂肪(貯蔵型の中性脂肪)は、大きく2種類に分けられ、それぞれの特徴・役割・身体へのリスクに違いがあります。また年齢や性差により、つきやすい体脂肪の種類やつく場所が違ってきます。

 逆に言えば、それぞれの脂肪の特徴を知ることが、体脂肪を減らすダイエットのコツに繋がるということになります。

 今回は体脂肪の基礎と最新情報を勉強します。まずは、いつものようにまずは次の問題についてお考えください。

【問題】どっちがやせやすい?(両者とも年齢は30歳)

(A)ほかの部分はスマートだけど、お腹だけがポッコリ出た男性
(B)お腹はスマートだけど、太ももに脂肪がたっぷりの女性

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について