日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

ダイエットにいいのはどっち?

朝と夜、どっちの運動がダイエットに効果的?

自律神経と肥満、ダイエットの深い深い関係について考える

 古谷暢基=健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー

ダイエットの方法、考え方には諸説ありますが、この連載では、健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサーであり、日本ダイエット健康協会代表理事として『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)などの著書もある古谷暢基さんに、ダイエットに関する最新の考え方、ノウハウを紹介していただきます。

 肥満というと、「食べ過ぎ」とか「運動不足」という言葉がまず出てきますが、それ以前の問題として「自律神経」の切り替えが大きく関わっていることがわかってきています。

 「自律神経」とは、“無意識に作動する”神経群のこと。血液循環・体温調節・消化活動、その他、人が生命活動を維持するためのシステムをコントロールしている神経であり、交感神経と副交感神経という2系統があります。今回はこの自律神経と肥満、ダイエットの深い深い関係について、学んで行きましょう。

 その前にクイズです。次の問題についてお考えください。

【問題】全く同じ負荷と量の運動、どちらがダイエットに効果ある?

(A)朝、朝食前に行うトレーニング
(B)夜、夕食前に行うトレーニング

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について