日経グッデイ

左党の一分

酒飲みが悩む中性脂肪! 問題はお酒よりおつまみだった?

左党の脂質対策【前編】コレステロールより中性脂肪に注意

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

12月から1月にかけては、とにかく酒席が多い。さらに、年末年始は自宅でも飲み続け、食べ続ける――。仕事始めのこの時期、多くの酒飲みが気にするのが、体重、そして脂質ではないだろうか。一般に、酒飲みは中性脂肪やコレステロールも高そうだと思われがちだが、実際はどうなのだろう。中性脂肪やコレステロール、脂肪肝関連の著書を多く手掛けてきた栗原クリニック 東京・日本橋の院長・栗原毅さんに話を聞いた。

年末年始に飲み過ぎたり、食べ過ぎたりして、今、体重や脂質を気にしている人も少なくないのでは? (c)kaninstudio -123rf

 年末年始で“たが”が外れ、はっちゃけて暴飲暴食。久々に体重計に乗ったら、体重と体脂肪を見て「ギャーッ!」と叫ぶのがちょうど今ごろ。さらに、もっと見たくないのが血液検査の数値だ。中でも中性脂肪とコレステロール値はできたら「見なかったこと」にしたいと思う人も多いのではないだろうか?

中性脂肪はイヤだけど、酒は我慢できない

 酒飲みは、中性脂肪が高い。コレステロールも高そうだ――。巷(ちまた)ではそう思われているが、実際はどうなのだろう?

 実のところダイエット&筋トレする前の私もそう。体重は標準値以内なのに、体脂肪と中性脂肪がやたら多い、典型的な「隠れ肥満」だった。肉で言うならサシがいっぱい入った神戸牛といったところだろうか。「今のままの生活を続けていたら、神戸牛どころか、豚バラ肉まっしぐら」と思い、筋トレをがんばって何とか中性脂肪、それにコレステロールとも基準値に下げたものの、一抹の不安が残る。それは酒を我慢することができないからだ。

 厚生労働省のホームページを見ると、「アルコール摂取量に比例して中性脂肪は増加します」と怖い説明がある。さらには「過度のアルコール摂取は脂肪肝の原因になる」とも…(詳しくはこちらをご覧ください)。

 これを読むと、酒をやめない限り中性脂肪は増加し続け、あっという間に脂肪肝になってしまうのでは? と悲観してしまう。しかし酒をやめることは何があろうと断じてできない。でも中性脂肪が高いのはイヤだ。

 などと書いておきながら、恥ずかしいのだが、正直なところ、私は中性脂肪について、正しく理解できているのか自信がない。脂質が増えて、メタボになって、血液がドロドロになり、体に悪そう…というイメージはあるものの、悪いのは中性脂肪よりコレステロールという印象が強い。中性脂肪はどうなのだろうか? そして、酒をやめなくちゃ下がらないのだろうか?

 そこで今回は、中性脂肪やコレステロール、そして脂肪肝についての著書を多数出している栗原クリニック 東京・日本橋の院長・栗原毅さんを訪ねた。栗原さんは、肝臓専門医で、「血液サラサラ」の名付け親でもある。

コレステロールより中性脂肪のほうが問題?

 先生、中性脂肪って何なのでしょう? そんな悪者なのですか?

 「中性脂肪とはヒトのカラダに存在する脂質の一種で、身体活動のエネルギー源になります。体脂肪のほとんどが中性脂肪で、別名『トリグリセリド(TG)』と呼ばれています。主な働きは食べ物が足りないときのエネルギーの貯蔵庫、内臓の保持、体温を一定に保つなどさまざまです」(栗原さん)

 なるほど、中性脂肪はカラダにとって重要な役割を果たしてくれているではないか。とはいえ、過ぎたるは及ばざるがごとし。中性脂肪が多すぎることが問題なのだろうか。素人的にはコレステロールのほうが厄介で、中性脂肪は多少、多くても問題ないように思うのだが…。

 「それは違います。中性脂肪はコレステロールより注意しなくてはなりません。中性脂肪は肝臓で作られるほか、小腸でも作られます。過剰になると小腸の血管からしみ出て、周囲の内臓や血管に蓄積されます。いわば内臓肥満型になります。また血中の中性脂肪が高くなると脂質異常症の1つ『高トリグリセリド血症』となり、血液がドロドロの状態になります。これによって血管が老化し、動脈硬化を加速させ、心筋梗塞、脳梗塞といった重篤な疾患を引き起こす原因になるのです」(栗原さん)

(c)Vitaliy Vodolazskyy -123rf

 「一方のコレステロールは、細胞膜や神経細胞を作る材料となります。さらに各種ホルモンや胆汁酸の材料としても使われています。コレステロールというと、何となくカラダに悪いものと思っている方が少なくありませんが、実はカラダにとってなくてはならない大切な存在です」(栗原さん)

 「そして、コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があるのはよく知られています。悪玉(LDL)は低いほうがいいと思われていますが、これも必ずしも正しくありません。少々難しい話になりますが、LDLはコレステロールの『運搬役』、HDLはコレステロールの『回収役』で、いずれも必要なものなのです。問題なのは、HDLコレステロールの不足で、LDLコレステロールが高くても、HDLコレステロールが高ければ基本的に問題ありません」(栗原さん)

 なるほど、悪玉のLDLコレステロールだけ高いという状態はよくないが、善玉のHDLコレステロールが高くて、善玉と悪玉のバランスがとれていれば大丈夫というわけだ。

中性脂肪が多いと、善玉/悪玉コレステロールの比率に影響

 そこで栗原さんは「さらに怖いことがある」と話す。実は、中性脂肪が多いと、このHDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスを崩してしまうのだという。さらに「超悪玉コレステロール」を生むという。

 「中性脂肪が過剰になると、HDLコレステロールが減ります。さらにはLDLコレステロールを小型化し、『小型LDLコレステロール』という『超悪玉コレステロール』を生み出すことも分かってきました。これがまた非常に厄介なのです。超悪玉コレステロールはサイズが小さいため、血管壁に入り込み、蓄積しやすく、酸化されやすいという特性を持っています。また一般的な悪玉コレステロールに比べ、血管内に長くとどまることから、動脈硬化の進行をさらに加速させてしまうのです」(栗原さん)

 「繰り返しになりますが、コレステロール単体で見れば、HDLコレステロールの数値が高ければ、LDLコレステロールが高くてもそう問題はありません。しかし中性脂肪が高いと、コレステロールの質が悪くなり、確実に動脈硬化が進むので注意が必要です」(栗原さん)

中性脂肪値の上昇も脂肪肝も原因は同じだった!

 ああ、やはり私は、中性脂肪やコレステロールについて、きちんと理解できていなかったようだ。先生、もしかして左党に多い脂肪肝も中性脂肪が関係しているのでしょうか?

脂肪肝を放置すると、肝硬変、肝臓がんに至る可能性がある。NASH(非アルコール性脂肪肝炎)は進行が早い。(日本肝臓学会『NASH・NAFLDの診療ガイド2015』より)

 「大いに関係あります。脂肪肝は血液中の中性脂肪の数値が高くなる前に表れる症状なのです。脂肪肝は肝臓の細胞が中性脂肪をためこんで白く膨張した状態を指します。これまで脂肪肝は軽く見られることが多かったのですが、最近では、脂肪肝から「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」に発展することが問題視されるようになりました。これによって肝臓の炎症や壊死を引き起こし、肝硬変や肝臓がんに早く進展することがあるのです」(栗原さん)

 ううむ、こうなると、コレステロールより、中性脂肪のほうが怖いではないか…。肝硬変、肝臓がんになってしまったら、酒とは無縁の生活になってしまう。

2合くらいまでなら、飲んだほうがいい?

 さて、中性脂肪の怖さが理解できたところで、いよいよ本題。アルコールと中性脂肪の関係はどうなのだろうか。一般に「アルコールが中性脂肪を増加させる犯人」のように言われることもあるが、実際はどうなのだろう?

 「確かに、アルコールを“大量に”摂取すると中性脂肪を増やすことにつながると言われています。アルコールの飲み過ぎが『アルコール性脂肪肝』を引き起こすことも知られています。しかし、アルコールは、適量を守って飲めば害にはなりません。適量までなら、むしろ血中の中性脂肪値や脂肪肝などにいい影響を及ぼすのです」(栗原さん)

 実際、栗原さんは、過去40年にわたって患者を診てきた中で、多数の脂肪肝患者に接してきたが、アルコールの飲み過ぎで「アルコール性脂肪肝」になる人は多くなかったという。むしろ今は、アルコールを飲まない人の間で脂肪肝が増えているのだという。

 「このため、私は『アルコール単体では中性脂肪の数値はなかなか上がらない』と考えています。実際、私の患者で日本酒1升、ブランデー1本を一晩で飲んでしまう方がいるのですが、この方の中性脂肪は基準値以内です。この方はかなり極端にしても、中性脂肪を基準にして見た場合、お酒は全く飲まないより、日本酒なら1~2合までならむしろ飲んだほうがいいでしょう。もちろん飲み過ぎはダメですが、実際、患者にも適量飲酒を勧めています」(栗原さん)

1日当たりのアルコール摂取量と中性脂肪などとの関係
1日当たりのアルコール摂取量が20~40g未満(日本酒なら1~2合程度)であれば、中性脂肪値は酒を飲まない人とほぼ変わらなかった。(肝臓. 2010;51(9):501-507.)
[画像のクリックで拡大表示]

 「飲酒量と中性脂肪値や脂肪肝などの関係を調べた研究結果で、1~2合くらいまでの飲酒(アルコール量20~40g未満)であれば、中性脂肪値は上がらないという報告も出ています」(栗原さん)

 もちろん飲み過ぎはダメとしても、「適量までなら、アルコールだけでは中性脂肪が上がらない」とはなんてうれしい結果だろう!

 この研究は、北海道・苫小牧市にある王子総合病院健診センターで健康診断を実施した男女3185人を、「お酒を飲まない人」「1日当たりアルコール20g未満飲む人」「20~40g未満飲む人」「40~60g未満飲む人」「60g以上飲む人」の5グループに分け、肝機能値や、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪などを調べたデータだ(肝臓. 2010;51(9):501-507.)。

 それによると、中性脂肪の数値はアルコール量が20~40g未満(日本酒なら1~2合程度)であれば、酒を飲まない人とほぼ変わらないという結果が出ている。なお、HDLコレステロールは飲酒量が上がるほど増加、LDLコレステロールは減少する傾向が見られた。

最初からポテトサラダを食べる人は危ない?

 左党にとっては印籠を渡されたような気分だが、「じゃあ、なんで酒飲みは中性脂肪が高いの?」という疑問が残る。「酒飲みは中性脂肪が高い」というのは私の周りだけだったのだろうか。もちろん「飲み過ぎ」の人もいるだろうが…。栗原さんに疑問をぶつけると、明快な回答が返ってきた。

 「答えは簡単。おつまみを食べ過ぎているんです。最初からポテトサラダを食べちゃうような人は、たいがい中性脂肪が高いですね。お酒を飲まない人でも、食べ過ぎの人は中性脂肪が高くなりがちです」(栗原さん)

 そうか、中性脂肪の元凶は「おつまみ」、要は食べ過ぎだったのか! 居酒屋に行ってまずポテトサラダを頼む筆者にとっては耳が痛い…。

        ◇       ◇       ◇

 とはいえ、中性脂肪を減らしたいなら、飲み過ぎは控えるにしても、適量までなら大丈夫と聞いてホッとした。左党の皆さんも今ごろ、胸をなでおろしているのではないだろうか? むしろ、おつまみが問題だったというのは、かねてから「注意するのは酒よりおつまみ!」と訴えていた私にとってもうれしい結論だ。

 では、具体的におつまみ・食事をどうすればいいのだろうか。当然、食事だけでなく、運動面でも対策をしたほうがいいだろう。来月公開の後編では、これら、具体的な対策について、栗原さんに引き続き話を聞いていく。

栗原 毅(くりはら たけし)さん
栗原クリニック 東京・日本橋院長
栗原 毅(くりはら たけし)さん 1951年新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。東京女子医科大学消化器病センター内科、東京女子医科大学教授、慶應義塾大学教授などを経て現職。総務大臣・厚生労働大臣共同の「遠隔医療の推進方策に関する懇談会」構成員も務める。医学博士。肝臓専門医として肝臓病などの消化器疾患、糖尿病などに対する質の高い医療を実践する。『<糖化>ストップで糖尿が解消、肌も頭脳も若返る』(主婦の友インフォス)など著書多数。
酒好き医師が教える再考の飲み方