日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

左党の一分

酒飲みが悩む中性脂肪! 問題はお酒よりおつまみだった?

左党の脂質対策【前編】コレステロールより中性脂肪に注意

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

中性脂肪値の上昇も脂肪肝も原因は同じだった!

 ああ、やはり私は、中性脂肪やコレステロールについて、きちんと理解できていなかったようだ。先生、もしかして左党に多い脂肪肝も中性脂肪が関係しているのでしょうか?

脂肪肝を放置すると、肝硬変、肝臓がんに至る可能性がある。NASH(非アルコール性脂肪肝炎)は進行が早い。(日本肝臓学会『NASH・NAFLDの診療ガイド2015』より)

 「大いに関係あります。脂肪肝は血液中の中性脂肪の数値が高くなる前に表れる症状なのです。脂肪肝は肝臓の細胞が中性脂肪をためこんで白く膨張した状態を指します。これまで脂肪肝は軽く見られることが多かったのですが、最近では、脂肪肝から「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」に発展することが問題視されるようになりました。これによって肝臓の炎症や壊死を引き起こし、肝硬変や肝臓がんに早く進展することがあるのです」(栗原さん)

 ううむ、こうなると、コレステロールより、中性脂肪のほうが怖いではないか…。肝硬変、肝臓がんになってしまったら、酒とは無縁の生活になってしまう。

2合くらいまでなら、飲んだほうがいい?

 さて、中性脂肪の怖さが理解できたところで、いよいよ本題。アルコールと中性脂肪の関係はどうなのだろうか。一般に「アルコールが中性脂肪を増加させる犯人」のように言われることもあるが、実際はどうなのだろう?

 「確かに、アルコールを“大量に”摂取すると中性脂肪を増やすことにつながると言われています。アルコールの飲み過ぎが『アルコール性脂肪肝』を引き起こすことも知られています。しかし、アルコールは、適量を守って飲めば害にはなりません。適量までなら、むしろ血中の中性脂肪値や脂肪肝などにいい影響を及ぼすのです」(栗原さん)

 実際、栗原さんは、過去40年にわたって患者を診てきた中で、多数の脂肪肝患者に接してきたが、アルコールの飲み過ぎで「アルコール性脂肪肝」になる人は多くなかったという。むしろ今は、アルコールを飲まない人の間で脂肪肝が増えているのだという。

 「このため、私は『アルコール単体では中性脂肪の数値はなかなか上がらない』と考えています。実際、私の患者で日本酒1升、ブランデー1本を一晩で飲んでしまう方がいるのですが、この方の中性脂肪は基準値以内です。この方はかなり極端にしても、中性脂肪を基準にして見た場合、お酒は全く飲まないより、日本酒なら1~2合までならむしろ飲んだほうがいいでしょう。もちろん飲み過ぎはダメですが、実際、患者にも適量飲酒を勧めています」(栗原さん)

酒好き医師が教える再考の飲み方
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について