日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

左党の一分

「酒焼け」の真偽と、飲酒後のカラオケが招く“三大リスク”

忘年会の季節は要注意! 飲酒による喉トラブルはこうして起こる

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

いよいよ師走を迎えて、本格的な忘年会シーズンに突入! 左党にとって1年の中で最も待ち遠しい時期ではあるが、酒席の最中やその翌朝に、声が出にくくなったり、喉の調子がおかしいくなったり…というトラブル経験はないだろうか。お酒と喉トラブル、その対策についてまとめた。カラオケ好きは要注意!

 年末に向けて、酒席の数がピークを増えるシーズン。連日、忘年会に参加したり、深夜・翌朝までの“フルコース”を楽しんでしまったりすると、翌日、声が出にくい、かれているといった、飲酒後の喉のトラブルは、誰しもが一度ぐらいは経験をしているものだろう。

 年季の入った“水商売のベテラン女性”ではないが、長年、アルコールを愛飲した左党には、独特の「しゃがれ声」の持ち主が多いように思うのは筆者だけであろうか。しゃがれ声の原因を「酒焼け」、つまり「アルコールで声帯が潰れた」と信じている人は少なくないかもしれない。こうした一般的に思われている「酒焼け」という言葉は、医学的見地から見て、実在するものなのだろうか? 「東京ボイスクリニック品川耳鼻咽喉科」(東京都港区)の楠山敏行院長にお話をうかがった。

年忘れのついでとばかりに、二次会、三次会でカラオケで発散するという人も多いだろう。しかし、飲酒後のカラオケは声帯にとって“最悪な三大リスク”を備えている。(©Shojiro Ishihara-123rf)

 「ウイスキーなど、アルコール度数の高い酒を飲むと、喉がチリチリと焼けるような感覚があるからなのか、飲酒後にハスキーな声になると、昔から『酒焼け』という言葉で例えられます。ですが実際、アルコールが声帯に及ぼす直接的な影響はありません。声がれに直接関係しているのは、主に喫煙であることが多い。クリニックを訪れる患者も例外ではありません」(楠山院長)

「酒焼け」と思われていた声がれの主原因はタバコ

 なんと、昔から巷間伝えられてきた「酒焼け」は実在しなかった! 声をからす原因は喫煙だとわかったところで、そもそもタバコの何が影響しているのだろうか。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について