日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > お酒の飲み過ぎは男性ホルモンを減らす!?
印刷

左党の一分

お酒の飲み過ぎは男性ホルモンを減らす!?

過度な飲酒には要注意! 適度に楽しむならむしろ“いい効果”が

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

男性ホルモンは、“男らしさ”と切っても切れない関係にある重要な存在だ。多くの男性が気にする“下半身”への影響はもちろん、気力や性格、社会性にまで影響する。20代をピークに緩やかに分泌量が減っていくが、できることなら年齢を重ねても分泌量を減らすことなく、男らしく、若々しくいたいと多くの人は思っているだろう。ところが、ネットなどでは「アルコールを飲むと男性ホルモンの値が下がる」という情報がまことしやかに流れている。これは本当だろうか。今回は、飲酒と男性ホルモンの関係についてまとめた。

お酒の飲み過ぎは男性ホルモンを低下させるという情報がネットなどで書かれているが、これは本当だろうか。(©PaylessImages -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 女性が女性ホルモンを気にするように、男性も「男性ホルモンが出る」という話をすると、きらりーんと目が輝く。

 もしかしたら、いや、もしかしなくても男性のほうが女性よりもはるかにホルモンという言葉に敏感である。男性ホルモンはまさしく男性の象徴。男性はいくつになっても「オス」であることを誇示したいのだろう。何ともいじらしいではないか。そう思うと、どんなオジサマでもかわいく見えてくる。

男性ホルモンとアルコールの関係は?

 男性ホルモンというと、真っ先に出てくるのが「テストステロン」である。テストステロンは男性に限らず、女性にも存在するホルモンの一種だ。このため、実は「男性ホルモン」と限定するのは正しくない。男性の場合はその95%が睾丸で、残りの5%は副腎で作られる(女性も、脂肪や、卵巣、副腎で生成している!)。

 テストステロンは、筋肉の増大、骨格形成などに寄与し、20代をピークに緩やかに分泌量が減ってゆく。テストステロンの減少は勃起障害、性欲減退といった主に下半身に関わることと結び付けがちだが、実はそれだけではない。

 テストステロンは男女ともに社会の中で自分をアピールし、認めてもらうのに欠かせない「社会的パフォーマンスに直結するホルモン」として関心が高まっている。実際、うつ病かどうかを診断する際、テストステロンの数値をはかる検査を行うことがある。これまで「男性更年期」と呼ばれてきた「LOH(ロー)症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)からくるうつ症状も、テストステロンの値を見て治療法を決める。

 男性だけでなく、女性にとってもエネルギッシュな生活を送るのに欠かせないテストステロン。しかし、左党にとって、ありがたくない情報がネットなどでまことしやかに流れているのをご存じだろうか? それは「アルコールを飲むとテストステロンの値が下がる」というもの。この情報は左党として、聞き捨てならない。真実はどうなのか? 順天堂大学 大学院医学研究科 泌尿器外科学教授で、『ヤル気がでる!最強の男性医療』の著書もある堀江重郎先生に話を伺った。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.