日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > 痛風・尿酸値が怖いなら、ビールより酒量に気をつけよ!
印刷

左党の一分

痛風・尿酸値が怖いなら、ビールより酒量に気をつけよ!

左党の尿酸対策【前編】~酒量が多いほど痛風リスクが高まる!~

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

ミドル以上が集まる会社などの飲み会で、「とうとう痛風になった!」などという同僚の話を聞いたことがある人は多いだろう。痛風は左党が最も恐れる病気の1つ。いつ痛風になるかとビクビクしている人も少なくないだろう。痛風を気にして、ビールを控えたり、プリン体が多い食品を避けているという人もいる。しかし、ただビールを控えるだけでは意味がなく、飲酒そのものが問題になるという。これは本当だろうか。そこで今回は、飲酒と痛風・高尿酸血症の関係を、東京慈恵会医科大学名誉教授の細谷龍男さんに話を聞いた。

 中高年を迎えた多くの左党にとって、気になるのは尿酸値。そう、尿酸値と言えば、風が吹いただけで痛むという痛風である。

尿酸値が高い人の中には、いつ痛風になるかとビクビクしている人もいるのでは? とりあえずビールを控えておけばいいのだろうか。(c)Joshua Resnick -123rf

 私の周囲の左党の中にも、既に痛風の症状が出てしまい、それでも薬を飲みながらビールを飲む“つわもの”がかなりいる。さらに、取引先との接待などで“ゴージャスディナー”が続き、治まっていた痛風の症状がいきなり出て、痛みに耐えながら仕事をしている人もいる。幸いなことに私は痛風とは無縁だが、痛風になった知人の話を聞くと、その痛みたるや最たるもので、「思わず男泣きしてしまう」と言うのだから半端ではなさそうだ。

 だから、痛風発作に襲われた経験がある人は、飲み会の場などで、つい話したくなるのだろう。ミドル以上の男性が参加する飲み会で、“痛風自虐自慢”の話を聞いたのは、これまで1度や2度ではない。実際、読者の方々の中にも、健診の結果で尿酸値が高くなっていて、いつ痛風発作が起きるかビクビクしている人も少なくないのではないだろうか。

痛風の元凶は尿酸、そして尿酸はプリン体から作られる

 本題に入る前に、尿酸値と痛風の関係、またアルコール飲料などに表示されているプリン体との関係は、知らない人も少なくないと思うので先に整理しておこう。

 痛風は正確には「痛風関節炎」という。血液などに含まれる尿酸という物質が結晶化して、関節にたまって炎症を起こし、足の指、膝などに激しい痛みを引き起こす。血液中の尿酸の濃度(尿酸値)が高くなると、痛風発作が起こりやすくなる。健康な人の尿酸値は5.0~6.9mg/dL程度で、尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態は高尿酸血症と呼ばれる。7.0mg/dLを超えてくると、尿酸が結晶化しやすくなり、痛風の発作を起こす可能性が高まるのだ。なお、尿酸値が高い人はすべて、痛風発作を起こすわけではない。だが、尿酸値が高くなるほど痛風発作を起こすリスクは高まっていく。

尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症
『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版』(日本痛風・核酸代謝学会 ガイドライン改訂委員会)を基に編集部で作成

 さて、その痛風の元凶ともいえる尿酸のもととなるのがプリン体。つまり、尿酸はプリン体から作られる。だから尿酸値が高い人は、プリン体を含む食品や飲料を控えたほうがいいといわれるわけだ。昨今、よく見かける「プリン体ゼロ」のアルコール飲料は、尿酸値を気にする左党にとっては助っ人的な存在といってもいいだろう。

 私も、プリン体を多く摂取すると痛風につながりやすい、くらいの知識はあった。このため、私は痛風になりたくなければ、プリン体を抑えればいいと単純に思っていた。具体的には、ビールはプリン体が多いといわれるから、とりあえずビールを控えればOKだと。

 だが、話はそんなに単純ではないらしい。ビールを控えるより、そもそも飲酒そのものがよくないという話も聞く。となると、私が愛してやまない日本酒や本格焼酎もよくないのだろうか。知り合いにも、痛風怖さに、ビールを控えて本格焼酎を選んでいる人もいるが、それは無駄な行動だったのだろうか。ここはきちんと確認しておかねばなるまい。

 そこで今回は、痛風や高尿酸血症に詳しい東京慈恵会医科大学名誉教授の細谷龍男さんに話を伺った。

酒好き医師が教える再考の飲み方

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.