日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

ダイエット・食生活

左党の一分

お酒を飲んで顔が赤くなる人、ならない人は何で決まるのか

原因はアセトアルデヒド!食道がんなどにも影響が

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

遺伝子検査で自分のタイプを知るのが一番

 失活型はまず自ら酒を口にすることがないにしても、酵素誘導によって酒が強くなった不活性型は特に注意する必要がありそうだ。だが、そもそも自分が「不活性型」かどうかわからなくては始まらない。

 「遺伝子検査を受け、自分のタイプを知るのが一番です。自分では活性型と思っていても、実は不活性型だったりする可能性も大いにあります。がんのリスクを回避するためにも初期投資だと思って、専門機関などできちんと検査されることをおすすめします。最近では一般向けの遺伝子検査サービスでもわかります」(垣渕先生)

 確かに、飲酒歴が長くなるほど、自己判断で活性型と思い込んでいる人も少なくなさそうだ。ALDH2の活性だけでなく、他の病気の罹患リスクや肥満の可能性を知るためにも、垣渕先生の言うように初期投資だと思って遺伝子検査を検討してもよさそうだ。

 予算的に遺伝子検査が厳しい場合は、『アルコールパッチテスト』という手もある。やり方は実に簡単。脱脂綿に市販の消毒用アルコールを含ませ、上腕部の内側にテープで7分間固定し、はがした直後と10分後に、脱脂綿が当たっていた肌の色でALDH2の活性を見るだけ。脱脂綿をはがした後、肌の色が変化しないのが活性型、10分後に赤くなるのは不活性型、直後に赤くなるのは失活型という判定になる。ただ、先ほども説明したように、遺伝子的に失活型の人でも赤くならない人もまれにいるので、正確に自分のタイプを知りたい場合は遺伝子検査のほうが正確である。

 「いずれの方法であっても、自分のALDH2のタイプを知ることは、がんをはじめとするアルコールによる疾患リスクを回避し、普段の飲み方を一考するきっかけになります。一度検討してみてください」(垣渕先生)

 学生時代から、「やれコンパだ、一気飲みだ」を経験して、酒に強くなった左党も世の中には多いはず。だが、酒豪だと思い込んで飲みすぎ、がんのリスクを高めてしまっていたという事態は避けたいものだ。一方、酒に弱いのに顔が赤くならないため、上司などから酒を無理強いされて困ったという人もいるのではないだろうか。

 こうした事態は自分のALDH2のタイプを知っていれば回避できるはずだ。お酒との付き合い方を決める上でも、「自分がどのタイプか」を把握するのはとても重要。忘年会シーズンの前に、まずは「アルコールパッチテスト」を試す。余裕のある方は遺伝子検査サービスを受けてみてはいかがだろうか?

垣渕洋一(かきぶち よういち)さん
成増厚生病院・東京アルコール医療総合センター長
垣渕洋一(かきぶち よういち)さん 1994年、筑波大学大学院医学専門学群博士課程修了。同大学附属病院などでの研修の後、2002年より成増厚生病院に勤務。臨床業務に加え、日本精神科看護技術協会、日本精神科病院協会、地域の保健所、自助グループなどで講師としても活動中。『セルフケア・シリーズ アルコールこうしてつきあう』(保健同人社、2008年)の監修などを手掛ける。
酒好き医師が教える再考の飲み方
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について