日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 左党の一分  > やっぱり20歳になるまで飲んじゃダメ? 知っておきたい未成年の飲酒リスク  > 4ページ
印刷

左党の一分

やっぱり20歳になるまで飲んじゃダメ? 知っておきたい未成年の飲酒リスク

未成年の飲酒は脳をはじめさまざまな悪影響があった!

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

アメリカは飲酒年齢を引き上げた

 ここまでの樋口さんの解説で、未成年の飲酒は、脳への影響はもちろん、さまざまな面で悪影響を及ぼすことはよく分かった。さらに、未成年はJカーブ効果も期待できないとなると、まさに百害あって一利なしだ。

 ここで樋口さんは、法定飲酒年齢(飲酒可能年齢)をめぐるアメリカでの興味深い歴史を紹介してくれた。

 ご存じのように、日本では20歳以上だが、飲酒可能年齢は、国によって異なる(下表を参照)。各国の飲酒可能年齢を見てみると、ヨーロッパでは比較的飲酒年齢が低く、16歳から飲酒が認められている国もある。ドイツはビール、ワインなら16歳から許可されている。ちょっと早いような気もするが、これはお国柄というものだろう。そして、アメリカは21歳となっている。

各国の法定飲酒年齢
オーストリア、スペイン16歳
ドイツ、オランダビール16歳
ワイン16歳
蒸留酒18歳
イタリア、フランス、オーストラリア、
ニュージーランド、ブラジル
18歳
ノルウェービール18歳
ワイン18歳
蒸留酒20歳
日本20歳
エジプトビール18歳
ワイン21歳
蒸留酒21歳
アメリカ21歳
※WHO「Global status report on alcohol and health 2014」を基に作成

 そう、アメリカは日本より厳しいのだ。アメリカでは、一度飲酒可能年齢を18歳に引き下げたのだが、その後、21歳に戻している。この背景を樋口さんはこう説明してくれた。

 「アメリカでは、1970~75年にかけて29の州で飲酒可能年齢を引き下げました。引き下げの幅は州によって異なりますが、最も多かったのが21歳から18歳への引き下げです。しかし、この引き下げによって、年少者の飲酒運転による事故数や死亡者数が増加したという報告が多く出されたのです。年少者の飲酒量が増えたという報告もありました。この結果を受け、アメリカでは、1970年代後半から1980年代初めにかけて、多くの州で飲酒可能年齢を21歳に戻したのです」(樋口さん)

 「飲酒可能年齢引き上げにより、これらの州で飲酒関連事故数の減少が報告されました。そして、1984年には当時のレーガン政権が、飲酒可能年齢引き上げに抵抗する州の高速道路補助金の一部をカットする法律を制定したため、1988年までにすべての州で飲酒可能年齢が21歳に引き上げられました」(樋口さん)

酒好き医師が教える再考の飲み方

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.