日経グッデイ

左党の一分

「お酒でクスリ」はギリギリセーフ?

お酒で薬は厳禁! 薬が効きすぎて深刻な事態に陥る危険も

 葉石かおり=エッセイスト・酒ジャーナリスト

薬は水で飲むもの――。それはほとんどの方がご存じだろう。とはいえ、わかっていても、自宅の晩酌や飲み会のとき、ついつい「風邪薬をビールで…」などという経験がある人も少なくないのではないだろうか。ついやってしまいがちな「お酒で薬」。これは本当にダメなのだろうか。左党なら気になるところだ。そこで今回は、アルコールと薬についてまとめた。

「薬は水で飲む」のが基本。だが、ついお酒で薬を飲んでしまった…という人も少なくないだろう。やはりお酒で飲むのはダメなのだろうか。(©nathaphat chanphirom -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 日に日に寒さも増し、巷では風邪やインフルエンザが猛威をふるっている。そんなときでも酒を欠かせないのが左党。いや、状況を逆手に「アルコール消毒だ!」と言い張り、いつにも増して酒の量が増えているのではないだろうか?

 しかしいくら「アルコール消毒」をしても、所詮ウイルスには勝てっこない。風邪にかかったら、風邪薬に頼らざるを得ない。だが、薬を飲んでまでも酒を飲みたいのが左党というもの。かくゆう筆者も風邪気味のときは、風邪薬を飲んでから飲み会に挑むことは日常茶飯事である。ごくたまーに、ビールで風邪薬を飲んじゃうなんてことも…。

 だが、そもそも薬は水で飲むのが基本だ。さすがの私もそのくらいは知っている。現に行きつけのクリニックで薬をもらう際、必ずと言っていいほど「アルコールは控えてくださいね」と注意される(厳守してないが)。知ってはいるけど、ついついやってしまうのだ。

 幸いなことに、私の場合は、今まで大きな弊害はなかった。痛み止めや風邪薬とお酒を同時に飲んで気持ち悪くなったことはあるものの、酷い症状にならなかったのをいいことに、いまだに飲み会前や飲酒後に風邪薬を飲んだりしている。

 実際問題、お酒でクスリを飲む行為は、どんな危険性をはらんでいるのだろうか? そこで今回は、薬とアルコールの関係性について、一般社団法人千葉県薬剤師会 薬事情報センターの飯嶋久志さんに詳しい話をうかがった。

やっぱり「お酒で薬」はダメだった

 「薬をアルコールで飲む!? とんでもありません。絶対にダメです!『水で服用』が大原則です」(飯嶋さん)

 予想通り、いきなりダメ出しされてしまった(汗)。「そりゃそうだ」と思っても、命の危険を感じたことがないせいか、ついつい繰り返してしまう。では一体、なぜアルコールと薬を一緒に飲んではいけないのだろうか?

薬が効きすぎてしまうことが!

 「アルコールは多くの薬の働きに影響を及ぼします。その影響は薬によっても異なりますが、典型的な影響として、薬の作用や副作用を増強してしまう危険性があります。ご存じの方も多いと思いますが、アルコールも薬も肝臓で代謝されます。その際、使われるのがCYP2E1(チトクロームP450)などの代謝酵素です。通常の人が薬とアルコールを併用した場合、この酵素を双方で奪い合う形になるのです」

(©wong yu liang -123rf)

 「あくまで例えですが、仮に代謝酵素によって、通常は50%代謝される薬があったとします。これがアルコールによって、代謝酵素を半分奪われてしまう形になると25%しか代謝されなくなります。すると薬の成分の75%が血中に入ってしまうことになります。当初、半分が代謝されるという前提で処方された薬の量なのに、実際には、より多くの量を飲んだのと同じことになってしまうわけです。これによって薬理効果が増える、つまり効きすぎてしまうのです」(飯嶋さん)

 なんと、アルコールによって薬が効きすぎてしまうとは! 確かにそれは、カラダによくないだろう。

 その一方で、「反対に日常的にアルコールを常飲している方は、普段から酵素活性が高いため、薬を代謝し過ぎてしまい、効きにくくなるといった弊害も出てきます」(飯嶋さん)という。

命にかかわる重篤な症状を引き起こす可能性も

 うーむ、薬が効きすぎるのも効かないのも含めて、「お酒で薬」にはリスクがいっぱいありそうだ。飯嶋さんに具体的な薬を例に挙げてもらいながら、より詳しく教えていただいた。

 「薬理効果を促進させる薬の一例として、血栓症の治療に用いるワルファリンが挙げられます。通常の人がアルコールと併用すると効きすぎてしまい、出血する恐れがあります。脳など出血する場所によっては、命にかかわる重篤な症状を引き起こす可能性があるのです」

 「一方、日常的にアルコールを常飲している方の場合は、先ほども触れたように、薬が効きにくくなります。常飲者は酵素活性が高すぎることにより、特に飲酒しないときには薬を代謝し過ぎてしまい、血中に入る成分が少なくなります。これにより、体内で血栓が生成されやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まるのです」

 「また、糖尿病の治療に使われるメトホルミンなどは、過度のアルコール摂取が体内における乳酸の代謝を減少させます(乳酸アシドーシス)。乳酸が過剰になると中枢神経や消化器系に悪影響を及ぼすことがありますので、特に注意が必要です」(飯嶋さん)

 こ、怖いっ。悪酔いするくらいならまだしも、薬によっては命の危険性があるなんて!とはいえ、これらの薬は、特定の病気の際に、処方箋によって出されるもの。該当する病気でない人は、「私には関係ない」と思っているかもしれない。

風邪薬や痛み止めも注意が必要

 では、家庭の常備薬とも言える痛み止めや風邪薬など、ドラッグストアで簡単に入手できる薬はどうなのだろうか。

 「もちろん、市販薬で注意が必要な薬もたくさんあります。例えば、痛み止めや風邪薬に含まれているアセトアミノフェンは、通常、グルクロン酸抱合、硫酸抱合、CYP2E1による3種の代謝経路を中心に体外に排出されます。このうちCYP2E1はアセトアミノフェンをN-アセチル-p-ベンゾキノンイミン(NAPQI)に変化させます。このNAPQIには肝毒性がありますが、さらにグルタチオン抱合を受けることで、最終的にはメルカプツール酸として体外に排泄されます。しかし、アルコール常飲者ではCYP2E1の誘導により、NAPQIの生成が進み、グルタチオン抱合が限界を超えると、NAPQIが蓄積して肝障害を起こします」(飯嶋さん)

 なるほど、普段からお酒を飲んでいる者としては、特に注意が必要なようだ。…今更ながら反省。

アレルギー性鼻炎用の薬への影響は?

 痛み止めや風邪薬が出たところで、これからの季節にお世話になるアレルギー性鼻炎(花粉症)用の薬についても知っておきたいところである。

 「かつてのアレルギー性鼻炎用の薬は、アルコールとの併用で眠気が増すと言われていました。最近では、フェキソフェナジン(商品名:アレグラ)などのように中枢神経抑制作用が少ない医薬品が開発されており状況は変わりつつあるものの、中枢神経に対する作用には薬剤によって程度の差があります。個々の薬剤については必ず専門科に相談するようにしてください」(飯嶋さん)

 私も花粉症の季節はアレルギー剤を服用するが、確かに最近の抗アレルギー薬は眠気がマシになったように思う。とはいえ、アルコールとの相互作用が完全に否定されていないとなると、お酒と一緒に服用するのは避けたほうがよさそうだ。

飲酒後に薬を飲むなら、最低3~4時間は空ける

 ここまでで挙げた例は、数ある薬のごく一部だ。薬によって影響はさまざまとはいえ、やはりお酒で薬を飲むのは止めた方がいいことは十分にわかった。

 とはいえ実際問題、お酒なしの1日など考えられないという左党は多いだろう。朝昼晩と薬を服用するように指示されたら、いつお酒を飲めばいいというのか。また、飲み会の前に普通に飲んでいる胃腸薬のような薬もある。これはどうなのだろうか。

 まずは、お酒を飲んだ後。飲酒後、どのくらい時間をあければ薬を飲んでもいいのだろう。

 飯嶋さんは、「そもそも病気で薬を飲んでいるときは、お酒を控えていただきたいのですが…」と前置きしながらこう説明してくれた。

 「体重、性別などによってアルコールの体内消失時間は異なります。アルコール健康医学協会では、体重約60kgの成人男性で、1単位(純アルコール20g=ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合)のアルコールが体内から消えるまでに約3~4時間かかると説明しています(詳しくはアルコール健康医学協会のページを参照)。このため、飲酒後に薬を飲む場合は、あくまでも目安ですが、最低3~4時間は空けてください」(飯嶋さん) 

 なるほど、薬を飲むなら、アルコールが代謝され、アルコールの影響がなくなった後にするということだ。今後は、最低3~4時間は空けるようにしよう。なお、酒量が2単位になれば、体内に残る時間は約6~7時間と長くなるので、多く飲んだらそれだけ間隔を空ける必要があることにも注意したい。

 では、薬を飲んだ後の飲酒はどうなのだろうか。飲み会前の胃腸薬は?

 「薬の代謝速度・排泄速度(半減期)は薬によって異なりますので、薬を何時間前に飲んだから大丈夫ということは一概には言えません。ただし、胃粘膜の保護・修復を目的とする胃薬、肝臓の保護が目的のドリンク剤は、飲酒の前に飲んでも大丈夫です。ただし、なかにはアルコールと併用できない医薬品もあるので、事前に専門家に確認してください」(飯嶋さん)

 なるほど。私もそうだが、飲み会の前に、胃薬や肝臓に効くドリンク剤を飲むという人は多いだろう。これはセーフなわけで一安心だ。ただ飯嶋さんのアドバイスのように、購入時には飲酒前に飲んでいいかを確認するようにしよう。

       ◇         ◇         ◇

 恥ずかしながら、これまで私は、「水で飲もうが、お酒で飲もうが、おなかの中に入ったら大した違いはない」などと思っていた。あったとしても、ささいな違いだろうと。だが、今回飯嶋さんの話を聞いていると、さすがにそんなことは言えなくなった。

 風邪のときくらい休肝日だと思って、酒を断ったほうがよさそうである。そもそも風邪の一番の薬は休養だ。働き者の肝臓をいたわってあげてほしい。

飯嶋久志(いいじま・ひさし)さん
一般社団法人千葉県薬剤師会 薬事情報センター長
飯嶋久志(いいじま・ひさし)さん 1994年日本大学薬学部卒業。薬剤師、博士(薬学)。千葉県薬剤師会 薬事情報センター主任研究員などを経て、2007年から現職。日本医薬品情報学会 理事、日本薬剤師会 臨床・疫学研究推進委員会 副委員長なども務める。鍼灸師、感染性廃棄物安全処理推進者の資格も保有。地域医療連携の推進や医療の質を向上するため、調査・研究やそれに基づいた対策に取り組んでいる。
酒好き医師が教える再考の飲み方