日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

クロスバイクの乗り方・降り方をマスターしよう

ママチャリ感覚でやりがちな楽チン姿勢はNG!

 中西 奈美=日経Gooday

初めてのスポーツバイクはクロスバイクに決定。サイズ選びを経て、自分の体の大きさに合ったバイクとの対面を果たしました。今回はアドバイザーの絹代さんにクロスバイクの乗り方について教えてもらいます。

 前回は、自分の体に合うサイズ、合わないサイズによる乗り心地の違いをブリヂストンサイクル(株)スポーツ車事業部マーケティング課の宮崎景涼(けいすけ)さんに教えていただきました。取材の最後で、なんとかクロスバイクにまたがってみたものの、愛車のママチャリとは乗り方の作法が違うようでオロオロ…。

 まずは乗り方をマスターしなければ!

 そこで今回は、この企画のアドバイザーである絹代さんへの取材を基に、クロスバイクの乗り方についてまとめてみました。

【乗り方】初めにまたぐ、そしてペダルを踏み込みながら乗る

 クロスバイクは、トップチューブ(三角形のフレームの最上部)が上の方にあるものが多いので、後輪側から脚を回して乗る方が安全です。

ステップ1:車体を自分の体の方に傾け、脚を後輪の方から回して自転車をまたぐ。

 まず、自分の利き足側に自転車がくるように立ち、両手でハンドルを握ります。車体を自分の方に倒しながら、利き足を後輪側に高く上げて自転車をまたぎます。ここでのポイントは自分がまたぎやすい高さまで車体をしっかり倒すこと。馬に乗るようにひらりとまたぐのがコツ。

写真1◎ 車体を自分の体の方に傾け、脚を後輪の方から回して自転車をまたぐ
まず、自分の利き足(写真では右足)側に自転車が来るように立ちます。手でハンドルをおさえ、後輪の上を通るように利き足を上げて自転車をまたぎます。自分がまたぎやすい高さまで車体をしっかり倒すことがポイント。
[画像のクリックで拡大表示]

ステップ2:トップチューブをまたいで地面に立つ。

 まだサドルには座らず、両手でハンドルを握ります。

写真2◎ トップチューブをまたいで地面に立つ
後輪側に上げた足を自転車の向こうにおろして、自転車をまたぎます。まだサドルには腰掛けません。お尻はトップチューブの上にきます。
[画像のクリックで拡大表示]
日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について