日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

ホノルルセンチュリーライドに向け、いざ出発!

万全の準備でセンチュリーライドに挑んでみた

 中西奈美=日経Gooday

2015年9月27日、ホノルルセンチュリーライド2015が開催されました。現地での体調を万全にするため、5日前に出国。初めての“飛行機輪行”(旅先で自転車に乗るために自転車を飛行機で運ぶこと)です。今回は、出国からセンチュリーライド前日の「プラクティスライド」までの様子をお伝えします。

羽田空港のチェックインカウンターにて。相棒が入った箱がこのままベルトコンベヤーに乗せられるのかと思いきや、職員がカートに乗せて運んでいきました。

 日本では敬老の日と秋分の日がうまい具合に並び、「シルバーウイーク」ともてはやされた大型連休の最終日。遅い夏休みを兼ね、東武トップツアーズの「ホノルルセンチュリーライド2015ツアー」を利用して、イベント開催日より5日早く着くように羽田からホノルルへと旅立ちました。

 もちろん、相棒のロードバイク(FELT ZW7)も一緒です。今回はツアーの「自転車運搬無料サービス」を使い、自分が搭乗する同じ便の飛行機に預け入れることができました。自宅から空港までの輸送は運送会社にお願いしたため、自転車は私よりもさらに2日早く出発。自転車を梱包した大きなダンボール箱と羽田空港で再会するも、すぐにチェックインカウンターで預け入れ。相棒はほかの手荷物とは別に、カートに乗せて運ばれていきました。

一番の敵で、まず解消しなければならない「時差ボケ」

 さて、今回は遅い夏休みを兼ねてホノルルセンチュリーライドの開催日より数日も早く着くよう余裕をもって出発した…と書いたのですが、早めに出発したのにはもう1つ理由がありました。「時差ボケ対策」です(日本との時差はマイナス19時間)。

 普段から、徹夜などで生活リズムが一度狂うと、翌日以降のやる気も注意力もダウン。とにかくパフォーマンスが下がり、復活にも時間がかかることは分かっていたので、あらかじめ調整日を入れておいたのです。

 午前0時(ホノルルは前日の午前5時)近くに離陸した飛行機の中では、現地時間を意識して仮眠をとる程度にとどめました。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について