日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

初めてのロードバイク、ハンドル操作のコツは?

ブレーキはどこ? ギアはどう変える?? ドギマギのロードバイクデビュー

 中西奈美=日経Gooday

走行距離50㎞のイベントを走り切り、クロスバイクからロードバイクへの“転身”を決意しました。同じ自転車でも、ハンドルの形が違うだけでブレーキやシフトの扱い方が違ってきます。今回は、ロードバイクの扱い方について、本企画のアドバイザーである絹代さんに教えてもらいました。

絹代さんとイベントでゴールしたところ。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回は、クロスバイクで50kmを走った様子をお伝えしました(前回記事「追い風が吹いた! 50kmのサイクリングでクロスバイクを卒業」)。「憧れのホノルルセンチュリーライドは車体がより軽く、長距離を走るのに適したロードバイクで走りたい!」との思いが募る一方、当のセンチュリーライドまでの時間が刻一刻と迫ってきています。ステップアップを図るべく、今回からロードバイクに挑戦することになりました。


ハンドルの形が違うことが不安の原因だった

FELT FW75/ドロップハンドルを拡大したところ
ロードバイクの特徴的なドロップハンドル。どこを握って走ればいいの…?と弱腰になっていました。
[画像のクリックで拡大表示]

 ロードバイクといえば、ハンドルの先端が下方に丸く曲がっているドロップハンドルが最大の特徴です。ハンドルを握ると、クロスバイクに比べて前傾が深くなるスポーティーな姿勢に「いつかは自分も…」と憧れてきましたが、実は乗りこなす自信はゼロ。編集部員から「いつからロードバイクに乗るの?」などと話を振られたときも、「また転びそうで」「止まれなかったらどうしよう」と、なんともネガティブな発言ばかりでした。

 でも、「あんなに怖がっていたクロスバイクも乗りこなせるようになってるし! ロードバイクだって大丈夫、すぐ慣れるはず」と楽観的な一面もある自分。意を決してロードバイクにチャレンジすることに。そこで、まずは本企画のアドバイザーで、サイクルライフナビゲーターの絹代さんにロードバイクの扱い方について聞きました。


日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について