日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

スポーツ・エクササイズ

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

意を決してビンディングを使ってみた

慎重に外して止まるつもりが、まさかの立ちゴケ?

 中西奈美=日経Gooday

 「自転車のペダルはひたすら踏み込むもの」。そう思っていた私が、引き足の力をうまく使うために、ビンディングペダルに挑戦することになりました。靴がペダルに固定されるビンディングは、いかにも自転車上級者のイメージ。緊急時にスムーズに解除できるだろうか? など、初めてのビンディングは不安だらけです。

 ある日の午後―。

自転車特訓中のわが娘
5歳になるわが娘は自転車の特訓中です。
[画像のクリックで拡大表示]

 「Mちゃん! ペダル踏んで! こいで!!」

 5歳になる娘は今、自転車の補助輪を外す特訓中です。足をペダルに乗せてから、ハンドルをしっかり握ってペダルを踏み込むよう、私は横を走りながら声をかけます。娘は、何度も足を地面につきながらも、必死にペダルをこいでバランスを取ろうと奮闘しています。

 自転車のペダルは左右交互に“踏み込んで”進む。怖いと思ったら“すぐにペダルから足を外して”地面につける。そう、これは、小さい頃から体に染みついている動作なんだよなぁ…。

 娘の後姿を見ながら、ふとそんなことを思いました。

 しかしビンディングは、体が覚えているそれらの行動の延長線上では操作できません。そもそもが、靴とペダルを固定し、引き足(ペダルを1番下の位置から上まで引き上げるときの力)を使って効率よくペダルを回転させるためのもので、効率の良い走りを実現する上では強い味方になってくれます。ただ、いざ乗ろうと思うと、足がペダルに固定されてしまうことに、どうしても恐怖が先立ちます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について