日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた  > クロスバイクひとりライド「初めての公道」
印刷

ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

クロスバイクひとりライド「初めての公道」

車両の波と冷や汗と、大きな“忘れ物”

 中西奈美=日経Gooday

坂道で転んだり、雨に降られながらも、初めて20kmを完走し、自転車の乗りこなし方に自信がついてきました。自転車での行動範囲がぐっと広がりましたが、そこでまた失敗をやらかすことに…

 前回の記事(「転んで、濡れて、走り切った20km」)では、初めての長距離ライドに挑戦した様子をお伝えしました。転倒や降雨といった、予想外の出来事がありながらも、完走…その“やりきった感”に、しばらく浸っていました。右膝に負った名誉の(?)負傷は、曲げ伸ばしするたびに存在感をアピールし続けましたが。

週末が待ち遠しい

 次の土曜日から、愛車( CYLVA F24)との自転車ライフの再開です。会社の就業規則では残念ながら自転車通勤が認められていないので、実際に乗れるのは土日だけ…。平日、通勤途中で自転車に乗っている人を見かけると、週末が待ち遠しくなります。

愛車のCYLVA F24
[画像のクリックで拡大表示]

 絹代さんや仲間と一緒に20㎞走り切った自信からか、自宅近くの公園や路地を周回するだけでは物足りなくなってしまいました。…というより、これまで、自動車の交通量が多い公道を走る勇気がなかった…というのが正しいかもしれません。

 それが、長距離ライドの後は、「車と併走するのは怖いなぁ」「もし、うまく止まれなかったらどうしよう」といった不安が和らぎ、公道に出て、少し遠くまで足を伸ばしてみたくなりました。

初めて一人で公道を走ってみた

 そこでまず思いついたのが、週末決まって、家族と出かけるショッピングモールに行ってみること! 距離にして自宅から片道7㎞ほど。いつもならバスで出掛けていたので、どの道を通れば着けるかだいたいわかるし…。

 これまで公道をあまり走りたがらなかった私に、家族が「本当に大丈夫?」と心配してくれました。うん、きっと大丈夫。きちんと地図で道を確認したし、タイヤの空気圧などのトラブルもなし! 到着する目安の時間を伝え(出発から1時間ぐらい)、現地集合目指していざ出発です。

車道を走る時はいつも緊張。頭がフル回転しています。
[画像のクリックで拡大表示]

 「いってらっしゃーい!」と家族に見送られ、自転車を引いて幹線道路まで出ましたが、まず、湘南の道に比べ交通量の多さに面食らいました。「流れに乗れるかな?」と緊張して体に力が入ります。

 自転車をまたぎ、こぎ出す前には、同じ車線を走ってくる車はいないか、車線変更してくる車はいないか、すぐ先の交差点で左折しそうな車はいないか…など、左右と後方の確認を繰り返し、なかなか発進できないありさま。

 しかも、いざ車道に出てみると、都内は路上駐車がやたらに多い! 右隣の通行帯に寄って駐車車両を追い越すときには、減速してしっかり振り返り、後続車両に「これから右に寄りますよ」と意思表示! ちょっと不格好ですが、気にしません。

 20㎞のライドでは、仲間が先導してくれたのでそれに着いていけば良かったのですが、独りだとすべて自分でやらないといけない…。初めて通る道では、「○○通りを××方面に」「△△交差点の次で左折」など、いつも以上に頭を使います。不安になったら安全な場所で自転車を降りて、スマートフォンの地図で道を確認しながら進みました(自分の居場所と、これから向かう先が分かるので便利! スマホを忘れたら悲劇かも…)。

 途中、道に迷いながら到着するまでに50分ほどかかってしまいました。緊張しっぱなしで疲れた…。「帰りはバスにする」と私が口にすると、「自転車はどうするの!?」と家族から総ツッコミ。帰りは同じ道をたどって、のんびりと家路につきました。

一人で遠出の途中。スカイツリーと愛車がうまく決まりました。
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.